1. まとめトップ

土用の丑の日は「うのつく食べ物」を食べたらいいんです!うなぎ以外で考えよう

土用はうなぎを食べるべし。こんな風潮があって生まれた世代にはビックリ情報。無理してうなぎをたべなくてもよかったんです。うのつくものといえば・・・

更新日: 2013年07月22日

4 お気に入り 110948 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ハリマ0さん

土用はうなぎだけじゃないんですよ!!

「暑い日が続いております。体調管理には気をつけましょう」
 という感じで、夏の健康や体調に関連して話題にのぼることがあるのが、「土用丑の日」。
 今年は丑の日が2回あって、7月22日と8月3日だそうです。そういう年は、それぞれを一の丑、二の丑と区別するそうです。

土用丑の日には鰻を食べる習慣がありますね。
 そこから、今頃が「鰻の旬」だと思っている方もいるようですが、実は間違いだそうです。
 この時期、むしろ鰻は痩せこけているのでもしかしたらあまり美味しくない時期かもしれません。

じゃあなんで食べるの?

ひとつは、鰻は昔から滋養の元として、疲労回復、食欲増進に効果があることが知られているので、夏に食べることで、いわゆる「夏バテ」対策になることです。

 もう一つは、宣伝の結果です

江戸時代のある人が考えたマーケティング商法だったのが定着したそう!

実はこの風習、江戸時代の万能学者であり、
発明家でもある平賀源内が仕掛けたものだったんです。

知り合いのうなぎ屋さんが夏はうなぎが売れないと困っていたのを見て、
店の前に「土用丑の日、うなぎの日」という貼り紙をしたのです。
これが大当たりして、土用の丑の日にうなぎを食べる風習となりました。

バレンタインデーのチョコレートや節分の恵方巻きなどと同様、
現代でいうマーケティングに近いものがあったのです!

みなさん、これが「土用の丑」のいわれだ

土用の行事食はうなぎだけではありません。丑の「う」にあわせて「う」のつくものを食べて精をつけて、夏バテを予防する風習が生まれたと言われています。

古い時代でのうなぎは一般庶民には「高い」食べ物でしたから、「丑の日」にちなんで、「う」のつく食べ物で安くて夏バテに効く食べ物を食べるという風習が生まれました。

じゃあ、「うのつく食べ物」を食べたらいいんだ!! う、う・・・・

土用餅もありますよ

鰻を食べて暑さを乗り切る風習ですが、土用の入りに食べれば「暑気中り(ショキアタリ)」をしない・・・
といわれるお菓子がある。それは「小豆餅」。
お餅を食べて暑さを乗り切り、小豆で厄除けを願うらしい

今年はうなぎパンが話題ですね

1 2