1. まとめトップ

【TED】 “ゲームをして10年長生き” できるって本当?

重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガル。この講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの時間を付け加えてくれるか語っています。人が死ぬ前の5つの後悔にも注目です。【英語・日本語 スクリプト】

更新日: 2013年07月22日

7 お気に入り 3404 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ayappeee07さん

The game that can give you 10 extra years of life

死ぬ間際の5つの後悔

1 あんなに仕事ばかりするんじゃなかった
2 友達と連絡を絶やさずにいればよかった
3 もっと自分を幸せにしてあげればよかった
4 本当の自分を表す勇気を持てばよかった
5 他の人の期待に合わせるのでなく 自分の夢に忠実に生きればよかった

ゲームをすると……

「あんなに仕事ばかりするんじゃなかった」
最近の研究によると、子どもたちとビデオゲームをして 多くの時間を過ごした両親は 実生活でも子どもたちとより強い絆を持っているとわかった。

「友達と連絡を絶やさずにいればよかった」
ソーシャルゲームが人間関係を保つ上で 非常に強力なツールになるということが、ミシガン大学の最近の研究で明らかになった。

「もっと自分を幸せにしてあげればよかった」
患者の不安や抑鬱を解消する上で オンラインゲームが薬よりも高い効果を示した。(東カロライナ大学で行われた画期的な臨床試験)
毎日30分オンラインゲームをするだけで 気分や長期的な幸福度が 劇的に改善された。

「本当の自分を表す勇気を持てばよかった」
アバターというのは本当の自分を 英雄的な理想化された姿で表現する方法。
アバターでゲームをすることで 実生活での考え方や行動も変化し、より勇敢で野心的になり、目標に集中するようになる。(スタンフォードでの調査)

長生きのためにする4つのこと

4つの回復力によって1時間当たり7分半、寿命を伸ばせる。

1.
立ち上がって3歩進むか 両の拳を握って高く頭の上に 5秒間 突き上げる。
肉体的回復力+1。
じっと座っていない時間の1秒1秒が 心臓や肺や脳を積極的に健康にする。心臓や肺や脳を積極的に健康にする。

2.
指をちょうど50回鳴らすか 100から7ずつ減らして数える。
精神的回復力+1。
集中力 自制 決意 意志力を高められる。意志力は筋肉のようなものであることが科学的研究から 分かっていて、鍛えるほど強くなる。つまらないことでも 意志力を高められることが科学的に示されている。

3.
屋内にいるなら窓から外を 屋外にいるなら窓の中を覗く。もしくはYouTubeかGoogleで 好きな動物の赤ちゃんの画像を見つける。
感情的回復力+1。
好奇心や愛のような力強いポジティブな感情を引き起こす。

4.
誰かと6秒間握手するか 誰かに感謝の気持ちを メールかFacebookかTwitterで送る。
社会的回復力+1。
友達やご近所や家族やコミュニティから 力を与えられる。社会的回復力を高める良い方法は感謝の気持ち。

握手を6秒すると中濃度が劇的に上がる。握手した人たちは生物化学的に 互いに好きになり 助け合いやすくなることも証明されている。

おまけ
ネガティブな感情1つに対して ポジティブな感情3つを 1時間か1日か1週間のうちに体験すると、 健康や 問題解決能力が 劇的に向上。
これは3対1のポジティブな感情の比率と呼ばれている。

Jane Mcgonigal

ゲームデザイナー。
双子の姉は ケリー・マクゴニカル。(スタンフォードの自分を変える教室・作者)

スクリプト

I'm a gamer, so I like to have goals. I like special missions and secret objectives. So here's my special mission for this talk: I'm going to try to increase the life span of every single person in this room by seven and a half minutes. Literally, you will live seven and half minutes longer than you would have otherwise, just because you watched this talk.

Okay, some of you are looking a little bit skeptical. That's okay, because check it out -- I have math to prove that it is possible. And it won't make a lot of sense now. I'll explain it all later, just pay attention to the number at the bottom: plus-7.68245837 minutes that will be my gift to you if I'm successful in my mission.

Now, you have a secret mission too. Your mission is to figure out how you want to spend your extra seven and a half minutes. And I think you should do something unusual with them, because these are bonus minutes. You weren't going to have them anyway.

Now, because I'm a game designer, you might be thinking to yourself, I know what she wants us to do with those minutes, she wants us to spend them playing games. Now this is a totally reasonable assumption, given that I have made quite a habit of encouraging people to spend more time playing games. For example, in my first TEDTalk, I did propose that we should spend 21 billion hours a week as a planet playing video games.

私はゲーマーなので ゴールを設定するのが好きです 特別な使命とか 秘密の目的みたいな それで今日の講演にも使命を用意しました この場にいる人 みんなの寿命を 7分半伸ばします 文字通り 皆さんは この講演を聴けば 7分半長生きするんです

なんか疑っている人もいるみたいですね いいですよそれが可能だと 証明する数式がちゃんとあるんです 今はまだ分からないでしょうけど 後で説明しますので最後の数字にだけ 注目してください この7.68245837分というのが 使命達成の暁に 私が皆さんにプレゼントするものです

皆さんにも秘密の使命があります それは このおまけの7分半の使い道を 見つけるということです 何かいつもとは違うことに使うべきだと思います これはボーナスで 元々なかったものなんですから

私はゲームデザイナーなので 「どうせ その時間で何を— させたがっているか分かるぞ ゲームをしろって言うんだ」と思っているかもしれませんね もっともな推測です 私はずっとみんなにもっとゲームしましょうと 言い続けてきたわけですから たとえば最初のTEDTalkの時は 地球全体で週210億時間をゲームに費やすべきだと 提案したのでした

Now, 21 billion hours, it's a lot of time. It's so much time, in fact, that the number one unsolicited comment that I have heard from people all over the world since I gave that talk, is this: Jane, games are great and all, but on your deathbed, are you really going to wish you spent more time playing Angry Birds? This idea is so pervasive -- that games are a waste of time that we will come to regret -- that I hear it literally everywhere I go. For example, true story: Just a few weeks ago, this cab driver, upon finding out that a friend and I were in town for a game developer's conference, turned around and said -- and I quote -- "I hate games. Waste of life. Imagine getting to the end of your life and regretting all that time."

Now, I want to take this problem seriously. I mean, I want games to be a force for good in the world. I don't want gamers to regret the time they spent playing, time that I encouraged them to spend. So I have been thinking about this question a lot lately. When we're on our deathbeds, will we regret the time we spent playing games?

Now, this may surprise you, but it turns out there is actually some scientific research on this question. It's true. Hospice workers, the people who take care of us at the end of our lives, recently issued a report on the most frequently expressed regrets that people say when they are literally on their deathbeds. And that's what I want to share with you today -- the top five regrets of the dying.

210億時間といったら相当な時間です それだからこそ あのTEDTalkの後 世界の人たちから寄せられたコメントで一番多かったのが これだったんです 「ジェーン ゲームも結構だけど 死の間際になっても アングリーバードでもっと遊びたいと思うの?」 そういう考えはすごく一般的ですゲームは時間の無駄で 後で後悔することになる・・・どこへ行っても耳にします これは実話なんですがほんの数週間前 このタクシーの運転手は 私と友人がゲームカンファレンスのために 町に来たと知ると 振り向いて言ったんです 「ゲームは大嫌いだね人生の無駄遣いだ 人生の最後に後悔するところを考えてみなよ」

この問題を真剣に考えたいのです ゲームは世界を良くする力であって欲しいし ゲームに費やした時間をゲーマーたちに 後悔して欲しくはありません だから最近この問題をよく考えています 人生最後の時に 私たちはゲームしていた時間を 後悔するのでしょうか?

驚くかも知れませんが 実はこの疑問に対する 科学的な調査結果があったんです 人生の最後を迎える人たちを 世話するホスピスの看護師が 死の間際に人がよく後悔することを 最近記事に書きました 今日は皆さんにそれをお教えします 人が死の間際によく後悔する5つのことです

Number one: I wish I hadn't worked so hard. Number two: I wish I had stayed in touch with my friends. Number three: I wish I had let myself be happier. Number four: I wish I'd had the courage to express my true self. And number five: I wish I'd lived a life true to my dreams, instead of what others expected of me.

1番 あんなに仕事ばかりするんじゃなかった 2番 友達と連絡を絶やさずにいればよかった 3番 もっと自分を幸せにしてあげればよかった 4番 本当の自分を表す勇気を持てばよかった 5番 他の人の期待に合わせるのでなく 自分の夢に忠実に生きればよかった

Now, as far as I know, no one ever told one of the hospice workers, I wish I'd spent more time playing video games, but when I hear these top five regrets of the dying, I can't help but hear five deep human cravings that games actually help us fulfill.

私の知る限り もっとゲームをやればよかったと 言っていた患者さんはいなかったわけですが でもこの5つの後悔の話を聞いて そこにある人間の深い欲求はゲームで満たすことができる— そう気付きました

For example, I wish I hadn't worked so hard. For many people, this means, I wish I'd spent more time with my family, with my kids when they were growing up. Well, we know that playing games together has tremendous family benefits. A recent study from Brigham Young University School of Family life reported that parents who spend more time playing video games with their kids have much stronger real-life relationships with them.

I wish I'd stayed in touch with my friends. Well, hundreds of millions of people use social games like FarmVille or Words With Friends to stay in daily contact with real-life friends and family. A recent study from [University of Michigan] showed that these games are incredibly powerful relationship-management tools. They help us stay connected with people in our social network that we would otherwise grow distant from, if we weren't playing games together.

I wish I'd let myself be happier. Well, here I can't help but think of the groundbreaking clinical trials recently conducted at East Carolina University that showed that online games can outperform pharmaceuticals for treating clinical anxiety and depression. Just 30 minutes of online game play a day was enough to create dramatic boosts in mood and long-term increases in happiness.

I wish I'd had the courage to express my true self. Well, avatars are a way to express our true selves, our most heroic, idealized version of who we might become. You can see that in this alter ego portrait by Robbie Cooper of a gamer with his avatar. And Stanford University has been doing research for five years now to document how playing a game with an idealized avatar changes how we think and act in real life, making us more courageous, more ambitious, more committed to our goals.

I wish I'd led a life true to my dreams, and not what others expected of me. Are games doing this yet? I'm not sure, so I've left a question mark, a Super Mario question mark. And we're going to come back to this one.

「あんなに仕事ばかりするんじゃなかった」 というのは 多くの場合 もっと家族や 成長しつつある 子どもたちと 過ごすべきだったということでしょう いっしょにゲームをするのは家族にとって良い点が たくさんあります ブリガムヤング大学家政学部の 最近の研究によると 子どもたちとビデオゲームをして 多くの時間を過ごした両親は 実生活でも子どもたちとより強い絆を持っていることが分かりました

「友達と連絡を絶やさずにいればよかった」 何億という人たちが ファームビルやワーズ・ウィズ・フレンズのようなソーシャルゲームを通して 友達や家族と日常的な連絡を保っています ミシガン大学の最近の研究で明らかになったのは こういったゲームが人間関係を保つ上で 非常に強力なツールになるということです いっしょにゲームをすることで 疎遠になりがちな人たちとも 関係を維持することができるのです

「もっと自分を幸せにしてあげればよかった」 最近 東カロライナ大学で行われた 画期的な臨床試験の話を思わずにいられません 患者の不安や抑鬱を解消する上で オンラインゲームが薬よりも高い効果を示したのです 毎日30分オンラインゲームをするだけで 気分や長期的な幸福度が 劇的に改善されたのです

「本当の自分を表す勇気を持てばよかった」 アバターというのは本当の自分を 英雄的な理想化された姿で表現する方法です ロビー・クーパーが撮影したこのゲーマーと その分身の写真が それをよく表しています スタンフォード大学では5年にわたる調査から 理想化されたアバターでゲームをすることで 実生活での考え方や行動も変化し より勇敢で野心的になり 目標に集中するようになると報告しています

「他の人の期待に合わせるのでなく 自分の夢に忠実に生きればよかった」 ゲームがこれを実現しているのか分かりません スーパーマリオのクエスチョンマークを付けておきました 後でまた取り上げます

Now let me tell you that story. It started two years ago, when I hit my head and got a concussion. Now the concussion didn't heal properly, and after 30 days I was left with symptoms like nonstop headaches, nausea, vertigo, memory loss, mental fog. My doctor told me that in order to heal my brain, I had to rest it. So I had to avoid everything that triggered my symptoms. For me that meant no reading, no writing, no video games, no work or email, no running, no alcohol, no caffeine. In other words -- and I think you see where this is going -- no reason to live.

Of course it's meant to be funny, but in all seriousness, suicidal ideation is quite common with traumatic brain injuries. It happens to one in three, and it happened to me. My brain started telling me, Jane, you want to die. It said, you're never going to get better. It said, the pain will never end.

And these voices became so persistent and so persuasive that I started to legitimately fear for my life, which is the time that I said to myself after 34 days -- and I will never forget this moment -- I said, I am either going to kill myself or I'm going to turn this into a game.

何でゲームデザイナーが 死の間際の後悔の話なんかしているのかと 思っているかもしれませんね 確かに私はホスピスで働いたこともなければ 自分自身 死に直面したこともありません でも最近死にたいと思いながら3ヶ月ベッドで過ごしました 本当に死にたいと思っていたんです

お話ししましょう 2年前のことですが 頭を強く打って脳震盪を起こしました 脳震盪が治らず 30日過ぎても 絶えざる頭痛 吐き気 めまい 物忘れ 頭に霞がかかったような状態が続きました 医者は頭を癒すには 休息が必要だと言って 症状の引き金となることを禁じました だから 読書も駄目 書くのも駄目 ゲームも駄目 仕事もメールも駄目 走っても駄目 お酒もコーヒーも駄目 言い換えると 生きている意味がないような状態です

面白おかしく話していますが 真面目な話 脳の外傷が自殺願望に繋がることは よくあるんです 3人に1人に起き 私にも起きました 私の脳が言い始めたのですジェーン 死にたいでしょ? きっと治らないわ もう痛みが消えることはないのよ

その声があまりに強く 絶えることがないので 自分の命を本当に心配し始めました はっきり覚えていますが 34日目に こう思ったんです もう自殺するか これをゲームにするしかない

Now, why a game? I knew from researching the psychology of games for more than a decade that when we play a game -- and this is in the scientific literature -- we tackle tough challenges with more creativity, more determination, more optimism, and we're more likely to reach out to others for help. And I wanted to bring these gamer traits to my real-life challenge, so I created a role-playing recovery game called Jane the Concussion Slayer.

Now this became my new secret identity, and the first thing I did as a slayer was call my twin sister -- I have an identical twin sister named Kelly -- and tell her, I'm playing a game to heal my brain, and I want you to play with me. This was an easier way to ask for help.

She became my first ally in the game, my husband Kiyash joined next, and together we identified and battled the bad guys. Now this was anything that could trigger my symptoms and therefore slow down the healing process, things like bright lights and crowded spaces. We also collected and activated power-ups. This was anything I could do on even my worst day to feel just a little bit good, just a little bit productive. Things like cuddling my dog for 10 minutes, or getting out of bed and walking around the block just once.

どうしてゲームなのか? 10年以上ゲームの心理学を研究してきて分かったことがあります ちゃんと学術研究があるんですが ゲームをするときには 私たちはよりクリエイティブになり 意志が強くなり 楽観的になり 他の人に助けを求めやすくなるんです 現実の問題の解決にこのゲーマーの 特性を生かしたくて作ったのが回復ロールプレイングゲーム 「脳震盪ハンター・ジェーン」です

これが私の新しい秘密の自分となり ハンターとして最初にしたのは 一卵性双生児の妹のケリーにこう言うことでした 「頭を治すためにゲームをやってるんだけど あんたにも一緒にやってほしいの」 そう言う方が助けを求めやすかったんです

妹がこのゲームの最初の仲間になり 続いて夫のキアシュが加わりました みんなで悪者を見つけてやっつけました 悪者というのは私の症状を引き起こし 治癒を遅らせるもの 明るい光や 人混みなんかです そしてパワーアップを集めて発動させました これは最悪の日だろうと 多少とも気分を改善し生産的にしてくれるものです 多少とも気分を改善し生産的にしてくれるものです 飼っている犬を10分間抱きしめるとか ベッドから出て近所を一回りするとか

1 2