1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

関東随一のパワースポット!!!

■東国三社とは・・・

古くから厚い信仰を集めてきた東国三社。
茨城県鹿島「鹿島神宮」
茨城県神栖市「息栖神社」
千葉県佐原市「香取神宮」

「東国三社巡り」は、江戸時代に「お伊勢参りのみそぎの三社参り」と呼ばれるほど篤い信仰を集めた旅でした。東国三社は、今、自らの道を見据え、要となる決意を支えるための場所として、再び注目を集めています。2000年以上の歴史を持つ貴重な聖地です。
篤い信仰を集めた歴史ある神社です。

■鹿島神宮

鹿島神宮(かしまじんぐう)は、茨城県鹿嶋市にある神社。式内社(名神大社)、常陸国一宮。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。
全国に約600社ある鹿島神社の総本社。神栖市の息栖神社、千葉県香取市の香取神宮とともに東国三社の一社。宮中の四方拝で遥拝される一社。初詣には全国から60万人以上が参拝し、参拝者数では茨城県2位。

■香取神宮

香取神宮(かとりじんぐう)は、千葉県香取市香取にある神社。式内社(名神大社)、下総国一宮。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。
関東地方を中心として全国に約400社ある香取神社の総本社である。鹿嶋市の鹿島神宮、神栖市の息栖神社とともに東国三社の一社。宮中の四方拝で遥拝される一社。初詣には50万人以上が参拝する。

息栖神社

息栖神社(いきすじんじゃ)は、茨城県神栖市息栖にある神社である。国史見在社で、旧社格は県社。岐神を主祭神とし、相殿に天鳥船命・住吉三神を祀る。古くから香取神宮・鹿島神宮と並んで「東国三社」と称されていた。

■不思議な三社を結ぶトライアングルについて

茨城と千葉の県境をはさんで建つこの三社は東国三社と呼ばれている。この三社の所在地を直線で結ぶと直角三角形が地図上に描かれることは有名だ。

鹿島神宮、香取神宮、息栖神社、東国三社を結ぶと現れてくる直角二等辺三角形。鹿島神宮でクロスする線は東西のライン。このトライアングルを中心に、周辺の神社を結ぶと、あちこちに意味のありそうなラインが浮かび上がってくる

いずれにしても、10万分の一程度のスケールで、かなり正確な直角二等辺三角形が描けるとしたら、これは、意図的に配置されたと考えていいだろう。 記紀神話に残るように、東国三社は、歴史的に見ると、大和朝廷の東国進出のための拠点としての意味合いが強い。天照大神が武甕槌神と経津主神を地上に遣わして、 土着の神であった建御名方神を諏訪に放逐したという話は、そのまま、土着の支配者を大和朝廷の軍勢が攻略したと解釈できる。そして、この地に軍神を配置して、 さらなる東国進出の拠点としたわけだ。そのために、意味のある方位に三社を配置した。そう考えるとわかりやすい。

この三社様の位置関係が不思議で香取神宮様から鹿島神宮様はほぼ正確に北東北東方向にあり、息栖(いきす)神社様は東真東にあるとのことで、見事に直角二等辺三角形になるそうです三角そして、香取神宮様と伊勢神宮様の内宮を直線で結び、北東北東側に延長すると、鹿島神宮様と息栖(いきす)神社様を結ぶ線のほぼ中間点と交差するとのことです

1