1. まとめトップ

【コケくんがいく】東京観光④ 東京タワー編

コアなファンに人気のKOKEくんの仲間が、突如旅に出る【コケくんがいく】シリーズ。今回は公式アカウントから東京観光編としてお送りします。

更新日: 2013年08月19日

kokekunさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 3659 view
お気に入り追加

【コケくんがいく】で全国を旅するKOKEくんたちですが、今回は巷で噂のウナギトラベル様の東京名所を巡るツアーに参加しました。

【コケくんがいく】Twitterのまとめ! →http://matome.naver.jp/odai/2137938983933579901

【コケくんがいくスペシャル】
東京観光① 浅草編はこちら →http://matome.naver.jp/odai/2137446867679717501
東京観光② 明治神宮編はこちら →http://matome.naver.jp/odai/2137448258388219601
東京観光③ 皇居外苑編はこちら →http://matome.naver.jp/odai/2137448256688210201
台湾編Part.①はこちら →http://matome.naver.jp/odai/2138132792795378001
台湾編Part.②はこちら →http://matome.naver.jp/odai/2138310967089180901
ミステリーツアーはこちら →http://matome.naver.jp/odai/2138242794855761801

旅もいよいよクライマックス。東京のシンボルといえばここ!

東京タワー。正式名称は「日本電波塔」
東京スカイツリーが完成してからは、電波等としても日本一高い建物としても役割をバトンタッチしてしまいましたが、独特の形と塗装は今でも東京を象徴する存在です。

ちなみに、東京タワーの赤と思われている色は「インターナショナルオレンジ」です。

地上250mにある特別展望台に到着したゼニゴケ。
この高さからは、どんな景色が見えるのでしょうか。

東京タワーの公式キャラクター
ノッポン兄弟の新しい仲間です。

ゼニゴケも仲良くできるかな。

残念ながらこの日は、曇りがちな天気であったため、沈む夕日を観ることはできませんでした。

しかし、地上では観ることのできない幻想的な景色は観ることができました。

地上に降りて、タワーを見上げる

東京タワーの鉄骨の一部は、戦車のスクラップが使われています。
そして骨組みは、全て鳶職人さんの手作業によって組み立てられました。

東京タワーの外側に設置してあるランプは全部で180灯あります。
電気代は一日だけでも約2万円かかるらしいです。

ライトアップされた無機質な骨組みも、夜ならではの見所。

東京タワーのライトは日没になると点灯し、0時になると消灯してしまいます。
ライトアップは、日によって「ランドマークライト」と「ダイヤモンドヴェール」の2種類の光り方があります。

ランドマークライトは、定番のライトアップで暖かみのあるオレンジ(夏は白)の輝きです。写真はこちらのライトアップです。

金・土曜日はダイヤモンドヴェールで、17段ある光の階層が七色に変化します。

消灯の瞬間を恋人と一緒に見ると幸せになれるという噂があるとか。

同行してくださった皆様も、ツアーを見守って下さったウナギトラベル様もお疲れ様でした。
ゼニゴケにたくさんの思い出ができました。

最後にみんなで記念撮影!

1





ふんふん!KOKEくんはコケから生まれたフシギな生き物です。



  • 話題の動画をまとめよう