1. まとめトップ

【 池上彰 】の家族、プライベート、趣味など、レア情報まとめ

選挙特番では池上無双と呼ばれ、大人気の池上彰のレア情報についてまとめています。

更新日: 2014年01月30日

50 お気に入り 271482 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

池上彰

1950年8月9日(62歳)
長野県松本市出身
慶應義塾大学経済学部卒業

公にプライベートの話はしていないようなのですが、
NHK時代に出会ったお相手とご結婚されているようですね。
お相手は一般人の方のようで詳しい情報はわかりませんでしたが、
非常に礼儀正しく気さくな方のようです。

現在の妻とはNHK松江放送局時代に出会い、妻との間に1男2女がいる。

子供

お子さんについては、長男、次男と長女の3人兄妹のようです。
長男は既に独立されているとのことなので、現在は25歳くらいじゃないでしょうか?

幼少時代、学生時代

・父親は銀行員。
・母親は専業主婦。
・読書が大好きだった。
 食事の時間を忘れて読書を続けてよく母親に怒られた。
 父親が本好きで家に夏目漱石や森鴎外の全集があった。
 おこづかいを全部本代に充てた。
 中学の夏休みの毎日3冊本を読んだ。
 高校の図書館にあった岩波新書の全冊読破に挑戦した(途中で挫折)。

・小学校時代、「続 地方記者」という本を読んで新聞記者を志した。
・高校時代、ベトナム戦争リポート「戦場の村」に衝撃を受けた(本多勝一、朝日新聞連載)。
・大学時代、ユースホステルを利用する貧乏旅行で全国各地を廻った。
・大学時代、自分の目で実際に見た学園紛争と翌日報道される新聞記事との違いに接して、
 「事実が正しく報道されていない」と思う事が何度もあった。
・大学時代、奨学金を貰っていた某銀行から就職の勧誘を受けたが
 父親への反発から銀行員にだけはなりたくないという思いがあったので断った。

趣味

趣味は「新聞の切り抜き」と「海外の地図集め」と「ダジャレ」である。新聞の切り抜きは仕事のためにやっているのかと思ったら、どうやら本当に楽しいらしい。海外に出かけた時に池上彰は必ずその国で売っている地図を土産に買って帰る。(不詳管理人もかつて池上彰と返還前の香港へ旅行した時「あなたも地図を買っておくといいよ。二度と手に入らないから」と勧められて購入した。英国領として中国との間に国境線が描かれたこの地図は、今でも小生の宝物である。)池上彰のダジャレは、スタッフの間でもあまりに連発するので評判が悪い。面と向かって「面白くないからやめてください」と言ったスタッフもいたが、池上彰は決してめげることはない。

娯楽はカラオケ程度。付き合い酒のときもビールをコップに半分が限度で、池上彰は酒が体質的に合わないのだという。一滴も飲めないわけではない。

・1年間に300冊本を読む。1日に3回書店に行く。英字週刊誌を購読。
ドイツ哲学を原書(ドイツ語)で勉強した。
イスラム教を勉強する為にコーランを読んだ。
 新聞記者のドキュメントを愛読。
 好きな作家…佐野洋。堀辰雄。三好徹。
・CNNを流しっぱなしにして最新ニュースをチェックする。
・住んでいる所…東京都練馬区(=09.02現在)。
・スペースインベーダーゲームが大好きだった。
・政治スタンスはリベラル。
・説明したがり屋。

練馬区に住んでいる

デスク ギャラはどれくらいもらってるの?
記 者 ゴールデンの冠番組だと1時間で100万円程度とか。
デスク 結構もらっているんだね。
記 者 いわゆる“文化人枠”のギャラは3万~5万円ですから、高額といっていいでしょう。
デスク それじゃあ、私生活はさぞかしバブル状態になってるんだろう。
記 者 当然、そうなってると思って、複数の週刊誌が池上の自宅まで取材に行きましたが、
いずれも空振りだったそうです。
デスク ハデじゃないのか。どこに住んでるの?
記 者 練馬区の私鉄沿線です。
デスク 沿線には高級住宅街もあるんじゃないの?
記 者 一応、2階建ての一戸建てですが、フツーのサラリーマンでも購入できる大きさです。
しかも、最寄り駅から徒歩15分以上かかります。

1