1. まとめトップ

なぜウマい?プレモルが選ばれる理由

ビールがおいしいこの季節。「プレモル」は、どうしてあんなにおいしいのか?!その秘密を知れば、もっとおいしく感じるかも。

更新日: 2014年01月10日

0 お気に入り 13919 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

YUUPPYさん

今夜娘がお泊まりするお家にプレモル持って行ったらママ友がガチで小躍りして喜んでくれた笑くらさんの解熱の舞に負けてない喜びの舞w

@jurika31012 はぁーいo(≧ω≦)o さっきプレモル呑みましたぁ♥美味しかったぁ〜ぶひっ

素材は「100%」のこだわり

実は……

救世主、『ザ・プレミアム・モルツ』現る。

「世界一美味しいピルスナービールをつくりたい」という醸造家の情熱をかけて開発されたのが、『ザ・プレミアム・モルツ』

2003年に発売され、05年にはモンドセレクションで、日本初のビール部門最高金賞を受賞。その後08年まで3年連続最高金賞を受賞した。

2008年、45年間の苦しみを経て、ビール事業で初の黒字となります。

さらなる挑戦へ

「1500万ケースしか売れていないのに満足していてどうする。もっと多くのお客さまにザ・プレミアム・モルツの美味しさを実感していただくために、ゼロから挑戦するのだ」という社長の思いでリニューアルへ。

「もっと多くのお客さまの大切な時間に寄り添えるビール」をコンセプトに、「リバイタライズ」(=新しい活力を与えること)に踏み切った。

「ライフのビール」へ

日本でビールは仕事の疲れを取ったりウサを晴らしたりするために飲まれてきた。しかし、世相は移り、家族や友人との絆が見直されるようになった。大切な人と一緒に過ごす、そういう時こそゆっくりビールを楽しんでいただきたい。「ワーク」から「ライフ」へ。「ライフのビール」でありたい。

こだわりのおいしい注ぎ方で

1.グラスはよく洗い、自然乾燥させたものを用意。グラスの底の中央に狙いを定め、注ぎだしは慎重に。

2.徐々にビールを高い位置に上げながら注ぐことできめ細かい泡をつくる。グラスの半分くらいまで泡をつくり、上の方の大きな泡が落ち着くのを待つ。

4.1回目につくった泡をこわさず、生ビールの炭酸を逃がさないように。泡をグラスの縁から1.5センチ盛り上げたら完成!

1