1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

junkworldさん

『八つ墓村』(やつはかむら)は、横溝正史著による長編推理小説。本作を原作とした映画が3本、テレビドラマが6作品、漫画が5作品、舞台が1作品ある(2010年8月現在)。9度の映像化は横溝作品の中で最多である(次いで『犬神家の一族』が映画3本、ドラマ5本)。1977年の映画化の際、テレビCMなどで頻繁に流された「祟りじゃ~っ!」というセリフ=キャッチコピーは流行語にもなった。

八つ墓村のモデルになった津山33人殺傷事件

全戸数23戸、人口111人の小さな村は、その内の12戸が襲われ、死者は30人(即死28人・重症を負ってまもなく死亡2人)、負傷者3人という大惨事となった。一家全滅は6戸で21人にのぼる。

1