1. まとめトップ

【合宿免許の注意点】格安合宿免許のここに気をつけろ

短期間で免許が取れるので人気の合宿免許ですが、正直ピンからキリまであります。特に格安や激安をうたっている合宿免許には注意が必要です。申し込む前に覚えておくべき注意点を簡単に紹介します。

更新日: 2013年08月23日

nemaneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 35080 view
お気に入り追加

合宿免許の費用の返還はできない?

教習所を途中で辞めたいと思った時に、一度払った教習料金を返さないという
契約になってる教習所は避けた方がいいです。
そういう契約になってると、何かトラブルがあった時にやめることができなくなります。

契約内容はしっかりと読んでおきましょう。

料金が曖昧でよくわからない?

免許センターによっては、規定通りにプログラムを進めない人に
追加料金を課したり、交通費が別になっていたり、
食事だけは別料金など、セコイところもあります。
どこまで料金に含まれているのか確認し、格安・激安という言葉だけに
惑わされないように気を付けましょう!

一式で○○万円と決まっていないものには要注意。特に「○○万円~」となっているのは別料金が上乗せされる可能性が高いので最終的に他より高くつく可能性があります。

途中で帰れない?

基本的に、合宿免許期間中に、急用などができたとしても、教習を中断して帰宅することは認められていません。
合宿免許の特性上、きっちりとスケジュールが組まれていて、その後の予約などもあるため、どうしてもという場合は、教習所をやめなければなりません。

どうしても帰らないといけないときには費用がどうなるかしっかりと確認しておきましょう。

宿泊施設が・・・

格安・激安を謳う合宿免許に多いのが「訳有りホテル」です。

例えば食事がマズイとか、または出ないとか…。
シャワーだけでお風呂が無いとか、アメニティーグッズ無しとか、
場合によってはカプセルホテルなんていう全然くつろげない
環境だったりすることもあります。(笑)

たかが2週間、されど2週間。
短い期間ですが住むところは重要です。最低でもビジネスホテルクラスにしておくと楽です。

携帯の電波は繋がる?

宿泊場所が山奥や離島だったりする場合、盲点になりがちなのが携帯電話が繋がらなかったりすること。事前に確認しておかないと2週間くらいの間不便なことになりますよ。

合宿地が田舎だったり山のほうだったりするときは特に要注意。どうしても暇な時間ができるのでその時間の暇つぶしにスマホは必須です。

盗難の危険も?

相部屋プランの場合は、新しい出会いが期待できる楽しみもありますが、盗難や対人関係のトラブルが発生することもあるため、相部屋にするかは、自分の性格などをよく検討してからの方が良いでしょう。

合宿参加者同士で相部屋になるプランもたくさんありますが、初めて会った人と一緒の部屋になるので注意が必要です。人同士のトラブル程度で済めばいいですが、貴重品を盗まれたりという話も聞きます。

食事は付いているプランにしておくべし!

食事の費用を浮かせたつもりで、コンビニの弁当やレストランなどで食べた結果、食事がついているコースよりも高くなってしまうことがあります。

食事なしプランの方が食事ありプランよりも数万円安くなっていますが、食事の用意の面倒さとなんだかんだで発生する費用を考えると食事付きのほうが断然いい!
宿泊施設がホテルの場合は美味しいものも食べられますし。

現金はいくら持っていけばいい?

合宿では、夜に仲間と連れ立って飲みに行ったり、カラオケではじけたりということも多いようです。なので、まあ遊び代とお土産代の2万円くらい持っていけば大丈夫でしょう。

食事付きならまだお金が無くなっても遊べないだけですが、食事なしプランの場合は死活問題です。余裕を持って用意しておきましょう。

時期にも要注意

夏休みや冬休み、春休みなどの時期は高校生や大学生が押し寄せるので
人が多くて大変なようです。
ほんとはその時期をさけて受けられるといいんでしょうけど、学生さんはそんなこと
言ってられませんよね(^_^;)

学生の休みのタイミングはどうしても人が多いので、ワイワイやりたいときは休みの時期に、静かにゆっくりしたいならそれ以外にしておきましょう。

1





nemaneさん