1. まとめトップ

行方不明の男、近隣とトラブル頻発 山口連続殺人・放火

わずか10世帯ほどの小さな山あいの集落で、相次いで遺体が見つかった。

更新日: 2013年07月23日

1 お気に入り 5319 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nazuna89さん

わずか10世帯ほどの小さな山あいの集落で、相次いで遺体が見つかった。殺人容疑などで自宅を捜索された男(63)の行方はわかっていない。

殺人容疑などで自宅の捜索を受けた男は、周辺との接触を避けるように生活し、集落で孤立していた。自宅は、全焼した山本ミヤ子さん方の隣。男が山本さんに対し、大声で叫んだり、農作業の音に「うるさい」と暴言を吐いたりしてよくトラブルになっていた、という男性もいた。

集落で暮らす14人のうち5人が遺体で見つかった。もともとは「家族のよう」といわれる山里だった。

司法解剖の結果、焼け跡の1軒で見つかった貞森誠さん(71)と妻喜代子さん(72)とみられる遺体の死亡推定時刻は21日午後8時50分ごろ、もう1軒で見つかった山本ミヤ子さん(79)とみられる遺体は21日夕方から午後9時ごろ。火災の発生はいずれも午後9時ごろだった。

22日正午ごろ、別の民家2軒で、それぞれ遺体で見つかった河村聡子さん(73)と石村文人さん(80)の頭部にも同様に鈍器で複数回殴られたような痕があった。5人を殴った凶器はいずれも見つかっていない。

男は、21日夜に焼け跡から見つかった3人のうち、山本ミヤ子さん(79)とみられる遺体があった民家の隣に住み、貼り紙には「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者」と記載していた。

22日に新たに発見された2人の遺体には外傷もあったことから、捜査本部は、殺人と放火容疑で男の自宅を家宅捜索。一連の事件について事情を知っているとみて行方を捜すなど、約200人態勢で捜査している。

1