国産小麦を使ったパンを研究してほしい」。盛田淳夫社長からの指令だった。前年の19年は干魃(かんばつ)などで世界の小麦価格が高騰。人口が増加する新興国の需要も拡大する中、パン用小麦のほとんどを外国産に頼る状況に盛田社長の危機感は高まっていた。

出典おいしい国産小麦食パンの挑戦 日本の食糧自給率向上へ貢献 (1/4ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

前へ 次へ