1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

北海道東・オホーツク旅行の魅力!中国映画「狙った恋の落とし方」(非诚勿扰)のロケ地が人気観光地

北海道の道東は、2008年中国の正月映画として放送された「狙った恋の落とし方」(非诚勿扰)のロケ地として人気となりました。この映画を見てから道東を訪れれば、旅行を更に楽しむ事ができそうです。

更新日: 2014年08月16日

cokororoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
36 お気に入り 36058 view
お気に入り追加

「狙った恋の落とし方」(非诚勿扰)

“中国の寅さん”ことグォ・ヨウと、世界が認めた“アジアン・ビューティー”スー・チーが織りなす、リアルな現代中国式ラブコメディ。

「非誠勿擾」とは中国のインターネット上の結婚相手募集の広告でよく使われる言葉で、「誠実なお付き合いができる方以外はご遠慮下さい」という意味である。

中国で大ヒットを記録したという事で、日本でもDVDが発売されています。北海道の美しい自然で展開される恋物語は、日本人が見ても素晴らしい映画に仕上がっています。

北海道の東側がロケ地に

北海道を舞台にした「非誠勿擾」(邦題「狙った恋の落とし方」)という映画が中国で公開され、中国人の中で大北海道ブームが起き、北海道に中国人が大挙して訪れている

映画後半の主舞台が日本の東北海道(釧路、阿寒湖、網走、厚岸、斜里、美幌)で、映画の大ヒットにより中国に北海道観光ブームを巻き起こした。

北海道の東側は、豊かな自然が残る地域として人気があり、観光ツアーなどが沢山あります。

JR釧網線 北浜駅は、網走の海沿いにある非常に小さな駅です。実際の撮影に使われたので、中国人観光客などが訪れる事があります。

網走市からほど近い場所にある岬です。美しい網走の海を眺める事ができます。

映画の中では、車で通り過ぎるシーンとして出てきます。これぞ北海道!と言える場所が町道朝日10号線です。

道の駅 メルヘンの丘めまんべつ付近から美幌町へ向かって、どこまでも続く長い道です。

映画の重要なシーンとして使われた教会で、映画の公開の後は、中国人観光客が訪れる場所として有名になっています。

北海道を代表する素敵な湖です。マリモが生息する事で有名な湖です。

「狙った恋の落とし方」のロケ地として出てくる旅館です。客室に露天風呂が設置されていて、各部屋からオホーツク海を眺める事ができます。

中国にて歴代興行成績1位を記録した映画『狙った恋の落とし方。』のロケ地として登場した為、中国では一番有名な日本の居酒屋とも言われている。

釧路に実際にある居酒屋で、ロケ地として使われています。中国人観光客が増加したので、中国語メニューを作成したそうです。なお、映画の「四姉妹」というのは架空の人物となっています。

「狙った恋の落とし方」(非诚勿扰)の出演者

1957年4月19日(56歳)のコメディアン俳優です。数多くの中国映画に出演していて、中国を代表する映画俳優として高い人気を誇っています。

最近の映画では、馮小剛監督と一緒に撮影している「手機」(2003)、「天下無賊」(2004)などが面白いです。

スー・チーは、台湾出身の女優で、香港などで活躍してから、ハリウッドの作品にも出演しています。今では、世界中に知られた女優となっています。

日本でもテレビで度々放送されているトランスポーター (2002年)で演じたヒロイン役で国際的にも有名になっています。

中国を代表する映画監督として有名です。特に葛优(グーヨー)を役者とした「手機」(2003「天下無賊」(2004)などが名作として知られています。

テレビ番組・ドラマ化された「非诚勿扰」

「非诚勿扰」は、2010年1月から中国大陸で放送されているテレビ番組で、男性が1名、女性が複数名出演して、カップルを成立させるという娯楽番組です。

*非诚勿扰は、男女のカップルを成立させる娯楽番組として中国で大人気

1





cokororoさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう