1. まとめトップ
2 お気に入り 21234 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

junkworldさん

中国人民解放軍の空母遼寧が轟沈した。

※手前の飛行機はおそらく中国人民解放軍空軍のJ-10

さすが狂王アオシマ・・・・
やりたい放題ですね。

離島防衛作戦の一環として、陸自の誇る対戦車ヘリを「ひゅうが」にて輸送、我が国の領土に近づく艦船、揚陸船を空から空襲、万が一上陸を許した場合、必ず運用される攻撃武装ヘリ、AH-64Dアパッチ、AH-1Sコブラ、観測機OH-1を配備、さらに、導入決定されたAAV水陸両用強襲車、検討中のオスプレイも封入

■ 世の中の反応

艦船模型は普通40代がほとんどのところをこの模型に限ってはは20~30代も買っていくそうな。

Nキャス記者 「おっきい船が撃沈されてるんですけど…」

石破幹事長 「はっはっはっはっは(苦笑)」

■ ちなみに現実世界では?

日米「離島奪還訓練」強行! 中国の中止要請を正面突破 3自衛隊「尖閣」念頭

陸海空の3自衛隊は6月10日、米カリフォルニア州サンディエゴで米軍と合同の離島奪還訓練を開始した。

米軍新型輸送機オスプレイが、海自の「ひゅうが」に着艦し、エレベーターで艦内の格納庫に収容する訓練を実施する方向。オスプレイは行動半径が約600キロあり、沖縄本島を起点に尖閣諸島までカバーできる。中国が最も警戒しているといわれる。

見事に現実とリンクしたプラモデルです。

1

関連まとめ