1. まとめトップ

君が代と古代ユダヤ人

古代ユダヤ人は海を渡って日本に来たとも言われています。日本に残る古代ユダヤの痕跡とは...

更新日: 2013年07月24日

fever7777さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
170 お気に入り 200730 view
お気に入り追加

ダビデ王の時代に統一イスラエル王国として12部族がひとつにされる。しかし、ソロモン王の死後、南北に分裂し、サマリヤを首都に10部族による北王国イスラエルと、エルサレムを首都にする2部族による南王国ユダに分かれた。
北王国は紀元前722年にアッシリアにより滅ぼされ、10支族のうち指導者層は虜囚としてアッシリアに連行された。この10支族の行方が文書に残されていないため、2部族によって「失われた10支族」と呼ばれている。

古代イスラエルがバビロニアの滅ぼされローマの属州となった後、イスラエル人は各地に離散し、国家を失いました。

『日本書紀』で応神天皇14年(283年)に百済より百二十県の人を率いて帰化したと記される弓月君を秦氏の祖とする。『新撰姓氏録』によれば秦の始皇帝の末裔とされるが、その真実性には疑問が呈せられており、その出自は明らかではない。

秦氏(はた・うじ)は京都を中心に権勢を誇った日本を代表する豪族です。

昔の中国や朝鮮は、秦氏の価値をよく理解できなかったらしい。 だから、秦氏は昔の中国や朝鮮を去り、日本に定住し同化した。秦氏は、中央で伊勢神宮や東大寺の大仏などの巨大な建物の建造にも寄与したが、 日本全国にも散らばり、稲荷神社や八幡神社などを作り、 彼らの文化と技術(景教、建築、絹、薬など)を日本に広めた。

平安京をヘブライ語になおすと「エル・シャローム」、なすわちヘブライの聖地「エル・サレム」である。

秦氏の全てが、ユダヤ系であるとは断言できないとのことで、一部中国系の秦氏もいるようではありますが、書き尽くせないくらい古代の秦氏にはイスラエル・ユダヤ系キリスト教徒であった可能性を示す証拠があるというのが結論となります。

縄文時代にたくさんの民族の中に古代ユダヤ人がいた、だから日本は多民族国家なのです。その縄文の時代が長いこと続いて次弥生時代になるわけですが。私たちは学校の教科書で縄文、弥生と教えられましたが嘘です。どのように嘘かというと縄文の人々がいたのではなくって多民族国家日本が縄文時代だったのです。そこに弥生人「中国の華中」から稲作と鉄製の武器を持って日本に渡来してきた。

一方、偽ユダヤ人と呼ばれるハザール人

8世紀に最盛期を迎えます。しかし、ここで「ある決断」を迫られたのです。当時、ハザールは東にイスラム教を奉じるイスラム帝国(アラブ人)、西にキリスト教(東方正教会)を奉じるビザンティン帝国(東ローマ帝国)の、二大超大国と国境を接していました。そして、双方から自らの宗教(イスラム教とキリスト教)へ改宗するよう、迫られていたのです。しかし、これはハザールにとって大きなジレンマでした。どちらへ改宗しても角が立つ!?

ビザンティン帝国とイスラム帝国の双方共に敵に回したくはないハザール汗国は結局キリスト教でもなく、イスラム教でもない、第三の宗教「ユダヤ教」を国教として選択したというのである。

ユダヤ人には、大きく分けて「アシュケナージ」と「スファラディ」と呼ばれる二つの系統がある。世界のユダヤ人1500万人のうち、その9割を占めるアシュケナージは、主に東欧を中心とした地から出たヨーロッパ系の人々、そしてスファラディは、中世までスペインで活動していたアジア系の人々だと言われている。

正当派ユダヤ人は、イエスを生み、アラブ人の同胞である。パレスチナ人の真の同胞である。その同胞が、戦いを余儀なくされているが、それは偽ユダヤ人の為せる技である。銃を持つのはほとんど真正のユダヤ人。偽善者は同胞を争わせることに長けている。

アシュケナジー系ユダヤ人がヨーロッパ起源のハザール人の末裔であることが大々的に知れ渡り、彼らが中東に居座る権利がないことが公に知られれば、なぜアメリカが軍を動員してイスラエルを守らなければならないのか、という声が当然起こってくる。ただでさえ脆弱な基盤のイスラエルの建国の大儀が疑問視されるわけで、多くの大衆には、アシュケナジー系ユダヤ人=旧約聖書に出てくるヘブライ人の末裔と誤解させておく必要がある。

1 2





fever7777さん

【政治・経済・社会システム】
http://bit.ly/piwiKy
【社会問題】
http://bit.ly/o6ndc7
【教養・旅】
http://bit.ly/pdqBjs