1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

【読書もビジネスも】厳選! 高円寺の"おひとりさま"カフェ

サブカル文化の強い中央線でひときわ存在感を放つ街"高円寺"。友達と買い物もいいが、気ままに動けるお一人様がよりディープなサブカルチャーに触れられるのである。そこで、ランチを食べたいとき、散策につかれたとき、はたまたPCを広げ仕事ができる俺(私)を演じたいときに最適なカフェを徹底的に厳選した!

更新日: 2013年10月05日

1507 お気に入り 131481 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

右に左折さん

センスある空間で五感をくすぐるアートカフェ

・分煙
・PC電源あり
・営業時間
 [月~土] 12:00~25:00(L.O24:00)
 [日・祝] 12:00~24:00(L.O23:00)

暖かい日の昼間にのんびり本を読んだりするのに最適なカフェです。店内は広くテラスの仕切りを取っているときは店内全部が開放的な雰囲気になります。

お店は以前の店舗より高円寺駅に近くなりました。
高円寺駅前と新高円寺を結ぶバス通りにあります。

そして、美味しすぎるランチを御馳走してくれました。
クロックムッシュは横のギャルが食べてて釘つけに。
うまい~うますぎる!!
鉄板ナポリタンもうますぎる!!

駅チカ・コスパ良しの高円寺の玄関的カフェ

さてランチだが、かなりCPが良い!
基本650円でミニサラタ、本体、ライス、ドリンクがつく。本体は日替わり、定番から選べる。私は定番のハンバーグデミソースを選択。

場所は高円寺駅の南口になりますが、南口を出たらもう見える場所にお店があります。
駅を出て左側から正面方向へ進む際に目の前に見える建物の2Fがこちらのお店になります。

お店の内装は良くも悪くも高円寺下北風だか、長年使っていると思われる角が激しく欠けた石のテーブルと、後から新調したらしきメインフロアのウッドテーブルのバランスがオモシロ不思議。

白を基調とした内装が開放的なギャラリーカフェ

高円寺北口の中通商店街を阿佐ヶ谷方面に行って
終わりの方にあるカフェ。

大きな窓から日の光がたっぷり入り、店内も白い壁をベースにしたゆったりした雰囲気でくつろげます。
本棚には写真集や絵本などが置いてあり、ちょっとカフェでゆっくりしたいなーという時に
読んでみるにはぴったりだなぁと思いました。

お気に入りのごはんは、白いビーフストロガノフ。
牛肉・玉ねぎとサワークリームの酸味がとっても相性よく、見た目よりさっぱりしていて、それでいてお肉のうまみがきちんと出ているのでごはんが進みます!

ハワイのようなインテリアがくつろぎを与えるオーガニックカフェ

・分煙(~21:00)
・PC電源あり
・営業時間
 [月~土] 12:00~翌4:00(L.O3:30)
 [日・祝] 12:00~翌2:00(L.O1:30)

雰囲気は男性だけでもこれそうな、シンプルだけどオシャレな感じでしたし、ケーキセットで500円以下だったのでドトールやスタバよりもこちらにきたほうがずっとコスパも良いと思いましたよ!

あと店員さんもフレンドリーで素敵でした。
高円寺には買い物で、来たのが初めてだと話したら古着屋さんなど
お店のある場所を教えてくれました。

お店は外から見るよりは結構広いです。窓側にソファ席、他にテーブル席とカウンター席まであります。
カウンターの中が厨房になっていて、お酒の瓶が並んでいるのが見えますね。

余計なものは何もない。ただ本と読書のための喫茶店

・禁煙
・PC電源なし
・[月~金] 13:30~22:30(L.O22:00)
 [土日祝] 12:00~22:30(L.O22:00)

高円寺の駅からゆるやかな坂になっている商店街を下り、途中横道に入ったところにお店あります。
まわりは雑貨やさんとか古着やさんとか、若者の好きそうなお店がいっぱい。

心地良い音量のクラシック音楽と水の流れる音、次のお客様用に沸かしているお湯の沸騰する音が店内のBGM。たまにコーヒーをミルする音と木製の床を歩く音くらいがこの店の大きな音。
一人で訪れる客に限られた時間ではあるが、くつろぎを与えるために準備された小さな書斎の様な空間。

店内は色んなタイプの席があって、
目の前にベタ(闘魚)が泳いでる巨大水槽や万華鏡スコープが楽しめる席などなど、
その日の座る席周りの雰囲気で過ごし方も変わるかも。

高円寺を味わいたいなら四の五の言わずここに行け! 的カフェ

・全席喫煙可
・PC電源なし
・営業時間
 11:00~24:00(L.O.23:30)

こちらは高円寺駅と新高円寺駅間を結ぶ高円寺ルック商店街に建つレトロな喫茶店です。いろいろなメディアで目にする有名店です。

倉を改造した一軒家カフェで、
壁には古時計が掛けてあり、ノスタルジックな雰囲気。

珈琲は限りなく濃口が好きなので迷わずイタリアンロースト、民芸風
のカップで登場し、後味さらり、美味でございました。

1