1. まとめトップ

大震災が起きると儲かる株と儲け方をまとめてみた【東日本大震災実例】

次の巨大地震の発生も噂される日本で、大震災時に儲かる株と儲け方をまとめてみました。

更新日: 2013年07月24日

79 お気に入り 130024 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

junkworldさん

■ 大震災後は株の買い時か?

一時期、株ブームというものが起こりました。それは、主婦が大きく株で儲けた為です。
実は、株で儲けた主婦(カリスマ主婦)が登場したのが、阪神大震災後に株価が下落した時です。
その時に、株主優待狙いなどで購入した株が、数年後に急激に株価が上昇しました。

これは、復興の為に、お金を集めるだろう⇒株を売る⇒株価が下がる(このタイミングで株を購入)⇒復興してきた⇒株を買い戻す⇒株価が上がる。(このタイミングで株を売却)という、プロセスを進んだ為です。

大震災の後に下がる力のある会社の株は買い時だということになりますね。

■ 株式市場の一般論では大震災直後は買い

・株価は、金曜日が下がりやすい。
・配当や株主優待が確定した翌日は株が下がる
・9.11アメリカ同時テロ、3.11東日本大震災直後に株を買った人は大儲け。
・円高になると株が下がり、円安になると株が上がる。

株で100%勝てることはありえませんが、一般論として理解しておいてください。

■ 復旧需要を見越して建設株は上がる

大地震で津波が発生すれば、港湾復旧工事の株式が上昇する。
東日本大震災発生前の3月4日からマリコン(海洋土木会社)の佐田建設、不動テトラ、日特建設急の出来高が急に膨らんでいた。

なぜか震災前ですが、主に傾向として考えてください。

■ 下がる三菱商事株を売って底値で買い戻し戻したら売る

1900円で4万株売り。それから、1760円平均で4万株買い。結局は東日本大震災前の株価で戻ったので、そこで4万株全部売り。結局、560万円の儲け(税引き前)

震災で下がっても戻す株を底値で買って、戻したら売って儲ける。

■ パニック売りで下がったオリエンタルランド株を買った

3/15、火曜日にオリエンタルランド6007円で100株ゲット。
日経平均が1000円以上も下がった日です。一時1300円安。
ここまで一気に下がりすぎると、さすがに水曜日は戻りそうな気がするので、7000円で売り注文。その後72000円に変更。売れれば20%ゲインです。
これは売れなくてもよいです。一気に値段が戻ってきたとき用です。一気に戻ったら、また一気に下がるので、売れるなら売っておく。
3ヶ月くらいで8000円付近まで来ればOK。配当と株主優待はあくまでオマケです。

■ 240億円の巨額のリターンを獲た日本企業があった

「農家向けの損害保険サービス・共済を提供する、JA共済(全国共済農業協同組合連合会)です。08年に契約し、大震災が契約条件に合致したので11年夏に3億ドル(約240億円)の支払いを受けました。当時、ニュースリリースを発表する予定でしたが、『震災で大儲けしたと誤解されてはマズい』と思ったのか、取りやめました。そのため、日本のメディアではほとんど報道されませんでした」(A氏)

英語で巨大災害債券を意味する「カタストロフィー・ボンド」、いわゆる「キャットボンド」だ。雨天のような日常的な自然現象とは異なり、300~500年に一度といった低頻度の巨大災害が起きると補償額を受け取れる仕組み

1