1. まとめトップ

【参院選】京都で当選《共産党》倉林明子さんって一体誰?

東京、京都、大阪で議席を獲得した共産党。京都では、民主党、日本維新の会の候補を破って、倉林明子氏が当選を果たしました。この倉林さんとは一体どういう経歴の持ち主なのでしょうか。

更新日: 2013年07月26日

3 お気に入り 11063 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kobeneseさん

福島県出身の元看護士

1960年、福島県の農家に誕生

趣味は掃除と読書。

1982年、京都市立看護短期大学を卒業

京都市立看護短期大学は、平成25年3月31日付をもって閉学している。

短大卒業後、右京病院(現京都民医連中央病院)に勤務

看護師生活は11年に及ぶ。

地方議会議員へ

1994年、京都府会議員補欠選挙(中京区)に立候補し当選

1期の議員生活を送る。

1999年、京都市会議員選挙(中京区)に立候補し当選

5期の議員生活を送る。

初質問では、新生児集中治療室の増設を求める

府が実態調査に動き、母子医療センター設置に結びついた。

京都市の奨学金廃止計画を、議会内外で追及

他党にも呼びかけ廃止撤回に追い込んだ。

2013年7月の参院選に出馬

志位和夫委員長も3回京都入り

東京都議選の当選者も応援にかけつけた。

選挙活動にはネット担当が同行、活動の様子をこまめに発信

Twitter、Facebook、YouTubeなども活用した。

約22万票を得て、当選

民主党候補の北神圭朗氏に競り勝った。

共産党の京都選挙区での議席獲得は15年ぶり

2000年代に入り2大政党の争いに埋没していた。

1