1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

学校に泊まるって、ワクワクするよな!小学校に宿泊できる「さる小」

群馬県最北端の町、みなかみ町。温泉地として知られるこの街に「さる小」という学校が、そのまま宿泊施設になった建物があります。学校の風情をそのままに図書室やプールなどが使えるこの宿泊施設、いったいどんな感じなのでしょうか?まとめます。

更新日: 2013年08月27日

888 お気に入り 152319 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

chat01574さん

■ 小学校に宿泊できる「さる小」

「さる小」(群 馬県・みなかみ町)は、廃校になった小学校を改装した宿泊施設。

木造校舎に泊まれるだけでなく、1日1団体の貸し切り式となっていて、学校のあらゆる設備を独り占めして遊べます。

みなかみの廃校になった小学校に泊まれるし、貸し切りも出来るってすごくない!?安いし、楽しいとしか思えないんだけどみんなで行かない!?さる小だっけな?興味でた人いたら自分の周りに声かけて行こ!!って勝手にテンション上がっちゃった斉藤でした。

■ 廃校となった猿ヶ京小学校を活用

みなかみ町(みなかみまち)は、群馬県最北端の町

群馬を代表する温泉地・水上温泉郷をはじめ、猿と縁深い民話の里で知られる。

みなかみ町廃校活用プロジェクトにより2012年4月から「一般社団法人猿ヶ京小学校スポーツアカデミー」が管理し、「地域の活性化」などの目的のもと、様々なイベントに有効活用をしています。

■ 学校のさまざまな施設が使えちゃう!

校舎では教室での宿泊のほか、家庭科室に図書室、音楽室などあらゆる部屋が利用オーケー。

吹奏楽やピアノ、バンドの練習だって周りを気にせず行えます。
だって、騒がしくても注意する人なんていないのですから。

■ 夏の思い出を作りにいっちゃお!

1 2