京都大大学院理学研究科の
阿形(あがた)清和教授(発生生物学)らのグループが解明

出典「不死身」のプラナリア 再生の仕組み解明 iPS細胞研究に応用も 京都大(1/2ページ) - MSN産経west

英科学誌・ネイチャーのオンライン版に2013年7月25日に掲載された。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【プラナリアの謎解明】2つのたんぱく質のせめぎ合いで頭に尾に。プラナリア再生メカニズムが解明された

実験でよく用いられるプラナリア。なぜ、各部から残りの部分が正しい方向で再生されるのかが分かったというニュースまとめ

このまとめを見る