1. まとめトップ

中国海警局と、中国海監、海巡、海警(公安部)の船のマークの比較。

中国海警局の監視船の舷側についている、赤い斜線と青い斜線のマーク。中国海監、海巡、海警(公安部)の船のマークと比較してみた。

更新日: 2013年07月29日

pelicanmemoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 1537 view
お気に入り追加

中国海警局の監視船の舷側には、船首から、"舷号"、"マーク"、「中国海警」「CHINA COAST GUARD」の文字が描かれています。

中国海警局の公式の「着色、マーク、旗印、命名規則」のドキュメントはまだ見あたらないので、中国海監や海巡、海警のマークから推測してみましょう。

中国海監の海洋監視船の舷側には、船首から、"舷号(中国海监xx)"、"マーク(青い斜線4本)"、「CHINA MARINE SURVEILLANCE」の文字が描かれています。

4本の青い線は、渤海、黄海、東海(東シナ海)、南海(南シナ海)の「四海」を表しています。

海巡の巡視船の舷側には、船首から、"舷号(海巡xx)"、"マーク"、「中国海事」「CHINA MSA」の文字が描かれています。

マークは船首側から、幅広の赤い線、青い線4本と白い線3本です。
よく勘違いされるのですが、青い線3本だけではなく、幅広の赤い線に接した青い線があります。

白い線3本と青い線4本は「三江四海」で、「三江」は長江(下流は、揚子江)、黄河、瀾滄江(下流は、メコン川)、「四海」は渤海、黄海、東シナ海、南シナ海を表しています。

幅広の赤い線は、明確な公式の解説が見つからなかったのですが、中国らしい赤色を表現したようでもあり、アメリカ沿岸警備隊のマークの"Coast Guard Red" を模したようでもあります。
案外、その両方かもしれません。

公安部海警の巡視艇の舷側には、船首から、"舷号"、"エンブレム"、「中国海警」の文字が描かれています。
舷側には、水平の青い線がついています。

ブリッジにも「中国海警」の文字と、エンブレムが描かれています。

中国海警局の監視船のブリッジには、「中国海警」の文字と中国海警局のエンブレムが付いています。エンブレムのデザインは違いますが、公安部海警とよく似ています。
英文名称も、公安部海警と同じ「CHINA COAST GUARD」です。

舷側のマークは、海巡のものとよく似ています。
しかし、白い線が4本になりますし海洋の法執行組織なので「三江」は関係なく、海監と同じ「四海」だけを示しているのでしょう。

幅広の赤い線を入れたのは、将来、海巡も統合再編する計画があるからかもしれません。

1





pelicanmemo
(ぺりかんめも、メモノメモ)