1. まとめトップ

【噂】第三のディズニーが出来るの!? 東京ディズニースカイ!!

ディズニーランド、ディズニーシーに続く第3のディズニーリゾートの計画が噂されています!真偽は謎ですがあってもおかしくないというより出来て欲しい噂ですね。

更新日: 2018年02月05日

50 お気に入り 246890 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mtx50さん

まずは2009年に公開されたアニメ映画『カールじいさんの空飛ぶ家』。
これは「スカイ」を日本人に受け入れてもらうための、
予告のひとつといってもいい作品でした。

東京ディズニーリゾートの、新たな構想をご存知ですか?

「ランド」「シー」に続く第3のテーマパーク計画です。
建築業者の間でも知る人ぞ知る話のようなので、
まだまだ噂のレベルですが、特別に教えましょう。

「ランド」「シー」に続く第3のテーマパーク。

その名はずばり〝ディズニースカイ〟です。

ランドとは、「陸」
シーは「海」
これにスカイ=「空」が加わり、
舞浜の地に陸海空そろったディズニーの世界が完成です。

驚いたかもしれませんが、眉唾な話ではありません。

フロリダのディズニーワールドには4つのパーク、2つのウォーターパークがあります。

興行的に大成功を収めている日本のディズニーリゾートが、なぜランドとシーのみなのか。
それはまだ発展途上に過ぎないからです。

考えてみてください。
何年か前から、ランドやシーではなく〝リゾート〟という
呼び名を定着させようとしています。

これこそまだ「完成」ではない証拠。

まだこれから出来るものがあるから「ランド」「シー」という単体の呼び方ではなく、
「リゾート」という、将来の新しいテーマパークも
違和感なく受け入れられる名称を優先させているのです。

「東京ディズニースカイ」では

どんな作品やキャラクターが中心になる?

まずは2009年に公開されたアニメ映画

『カールじいさんの空飛ぶ家』

これは「スカイ」を日本人に受け入れてもらうための、
予告のひとつといってもいい作品でした。

また日本の意外な作品も登場します。

『天空の城ラピュタ』です。

ディズニーと日本のスタジオジブリがビデオ配給や世界劇場公開などで
提携している話は有名ですが、さらに2008年には元ディズニージャパンの会長が、
スタジオジブリの社長に就任しています。

アメリカ人が得意の長期展望に従って、
ジブリとディズニーはどんどん距離が縮まっているのです。
この先、ディズニーによる『天空の城ラピュタ』のリメイクという話も出てくるでしょう。
これ全て「スカイ」に〝天空の城〟を作るためです。

実際、『トイストーリー3』にトトロが出演していますね。
構想がすでに動き出している何よりの証拠です。

『トイストーリー3』にトトロが出演しているのは有名な話です。
ジブリとは仲いいですね。

「スカイ」はいつ開園するのか?

それは「18」という数字が鍵を握っているようです。
年表から見ると、

1983年 4月15日 ディズニーランド開園
       ↓
2001年 9月 4日 ディズニーシー開園
       ↓
2019年○月○日 ディズニースカイ開園
          (→着工説が濃厚です)

2019年着工し、3年間かけて建設して22年度の開業??

ランドが開園してから18年後にシーが開園しています。
そしてその18年後、2019年が「スカイ」の工事が
開始される説が急浮上しています。
「18」という数字がどういう意味を持つか…
(東京タワーとも関係が深いあの組織です)

景気の冷え込みが続く中で、
どこまでこの予定通りに出来るか、ディズニーの力の見せ所です。

「スカイ」が成功を収めれば、
さらに発展して
4つ目のテーマパーク「スペース」が登場するかもしれませんね。

これはさらに18年後の2037年を楽しみにしましょう

2019年の翌年は2020年東京オリンピックの開催が決定しました。
日本への旅行客が増えることは間違いありませんので
第三のディズニー需要も増加することは間違いありません。

2020年代前半
東京ディズニーリゾート、3割拡張へ

ランドとシー合わせて約100ヘクタールの敷地を2020年代前半に約3割広げる計画を発表。
投資額は数千億円にのぼるとみられる。現在、隣接する駐車場を立体駐車場化するなどで空いた敷地をテーマパークの新たなエリアとし拡張を検討中。

現在、ディズニーリゾートでは年々進化しています。
セレブレーションホテルの完成や現在のディズニーランドの駐車場の立体駐車場化、
周辺の独身寮建設などパーク内だけでなく
パーク関連設備へも投資を行っているようです。

1