1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

MMCTさん

トイ・ストーリー3 スーパー・セット [Blu-ray]
特典映像「脚本の書き方講座」も要チェック!

1. キャラクターがいかに成功するかということより、どう障害を越えていくかを意識する

主人公の成功より、そこに挑戦し続けるという部分を褒めてあげる。

2. 自分の書く楽しみより、読者や視聴者が興味を持つかということを常に意識すること

自分が書いていて楽しいものではなく、読者にとって面白いものを書くこと。この2つには、非常に大きな違いがある。

3. テーマを大切にする

ストーリーのテーマは書き終えてみるまで誰にも解らない。
テーマをしっかりと確立させるために書き終えたら修正や加筆をすることが必要です。

4. 時には型にはめてみる

昔々、あるところに〇〇がありました。毎日〇〇。ある日〇〇。それによって〇〇。ついに〇〇。

5. シンプルにすること

キャラクターや物語のサイドストーリーなどを極力減らすことで、キャラクター同士の力や魅力で物語を自由に動かせるようになる

6. 主人公と正反対なキャラクターを対立させる

キャラクターは何が得意で不得意なのか?
主人公とは異なった価値観を持つキャラクターを対立させる。

7. エンディングを決めておく

書いている途中でエンディングを決めるのではなく、迎えたいエンディングに向かって書いていきましょう。エンディングを考えるのは大変な仕事なので前もって決めておく。

8. 物語を完結させる

途中で書くのを止めてしまった物語は「駄作」にもならないので、とにかく完結させることが大切です。そうすることで、次回はもっと良いものが書けるかもしれません。

9. ”起こらないこと”リストを作る

書いている途中で詰まった時は、「何が起こらないのか」ということを考えた方が近道になります。

10. 自分の好きな物語の展開と切り離しておく

好きなストーリーから離れよう。あなたのアイデアは、それらのストーリーから大きな影響を受けている。自分のストーリーを書き始める前に、その事実を確認しておきましょう。

11. アイディアを紙に書き出してみる

アイデアを紙に書き起こすと頭の中が整理される。
他人と共有するためにも、まずは紙に書き出してみましょう。

12. 頭に浮かんだ最初のアイディアは無視してみる

一番最初のアイディアや2番目などという順番を気にしないことで、明確な良いアイデアが浮かんでくる、そうやって最終的に出て来たアイデアに、あなた自身が驚くはず。

13. 個性をキャラクターに与える

受け身なキャラクターを書くのは楽ですが、読者にとっては魅力がないキャラクターとなります。強烈な個性ほど読者に愛される結果になる。

14. なぜこの物語を書かなくてはいけないのか

なぜ、あなたは、そのストーリーを伝えたいのだろうか? 心から伝えたいとおもっているものは何か?あなたの思いが、ストーリーの芯になる。

1 2