マットの種類

出典寝袋・シュラフ | マットレス(シュラフマット)の選び方

1 発泡マット・クローズドセル(銀マット、ウレタンマットなど)
 値段が安い(約1000円~5000円)
 耐久性がある
 実は軽い
 収納が大きい(性能が同じくらいならエア注入式マットの3倍くらい?)
2 エア注入式マット
 値段が高い(約10000円~15000円)
 収納が小さい
 実は少し重い
 穴が空くリスクがある
 膨らますのに空気で入れる手間がある
 収納するときに空気を抜く手間がある


どちらの種類のマットも、断熱力は高いものも低いものもあります。
使用する場所の状況にあった断熱力のあるマットを選ぶことが最優先です。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る