・気温がすごい高いとき
  ⇒ 寝袋のジッパーを全開にして、下に広げて敷くだけ。

・気温がちょっと高い
  ⇒ 寝袋のジッパーを全開にして、毛布のように体にかける。

・気温が普通
  ⇒ 寝袋のジッパーを全開にした状態で寝袋に体をいれる。

・気温がちょっと低い
  ⇒ 寝袋のジッパーを全部しめる。

・気温がすごい低い
  ⇒ 寝袋のジッパーを全部しめて、首周りの紐を閉める

・気温が低すぎて寒い
  ⇒ 手持ちの衣類を着込む。レインウェアは蒸れるが効果大。

出典寝袋・シュラフ | 使用温度について

夏場に3シーズン用の寝袋を使うのは、上記の方法で温度調節をしやすいです。
しかし、冬用の寝袋だとそれ自体が保温能力が高すぎて調節が大変です。

結論としては、冬用の寝袋も3シーズン用の寝袋も使い方を工夫すれば夏に使えます。
ただ、冬用は調節がむずかしく、そもそもかさばるために夏に使うのはあまりオススメしません。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る