熱湯で煮沸した後、天日で乾燥させたものが原料となります

出典コチニール色素

コチニールカイガラムシのメスは、卵を持つと2倍に膨らみます。そのメスを卵を生む前、人間が手で刷毛を使ってかき集め、色素として利用します。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

知らないうちに食べていた…昆虫から作られた色素『コチニール色素』

コチニール色素という着色料をご存知でしょうか?食品や口紅など、「赤い」色を出すために幅広く使われている天然の着色料です。誰もが知らず知らずのうちに口にしているこの着色料について。

このまとめを見る