1. まとめトップ

GLAYライブ開催地の函館が本気すぎる

2013年7月27、28日に北海道函館市大町の「緑の島」で、同市出身の人気ロックバンド「GLAY」の野外ライブが開催。歓迎ムードは最高潮に。

更新日: 2013年07月29日

INFO-RAVENさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
86 お気に入り 131851 view
お気に入り追加

メンバーの「TERU」、「TAKURO」、「JIRO」は函館出身、「HISASHI」は函館育ち。

1999年8月に函館市栄誉賞を受賞している。

ライブ地の「緑の島」は、函館市が今年、ライブイベントの誘致に向けて函館港に5億円かけて整備した人工島。(写真:中央)

「GLAY色」に染まる函館

全国から訪れるファンの皆様に対しまして、全市を挙げて歓迎の意を表すため、函館市内各所に歓迎フラッグや歓迎看板を設置いたしました

フラッグが市のあちこちに飾られている。

市内に点在するローソンもGLAY仕様に。

函館市役所では、野外ライブのテーマソング「Eternally」の庁内放送を始める

テーマソングの放送は、市役所の地下食堂や市地域交流まちづくりセンターのほか、函館空港やJR函館駅など公共交通機関でも。

GLAY Live in HAKODATE 協議会サポート委員会では、準備の進む会場の緑の島で、スタッフの方への炊き出しを行った

航空会社も粋なサービス

ANAの機内アナウンス、「本日はGLAYのライブがあるとお聞きしました。普段お仕事に家事に育児に、様々な 場面でご活躍の皆様、どうか楽しい一日をお過ごしください。GLAYの今後の一層のご活躍をお祈り致します」って… 機内拍手喝采、超泣けた

ANAのCAのお姉さんが「GLAYのライブですか?タイトルとかありますか?」って聞いてくれて降りる際にライブ名と2日間楽しんできてください&今後のGLAYの活躍をお祈りしますってアナウンスしてくれた(´;ω;`)ブワッ

限定グルメ

函館市に本店を構える洋菓子店「ペイストリースナッフルス」が販売。

GLAYも函館を盛り上げる

GLAYの5作目のデジタルシングル「Eternally」に関してTAKUROは「函館の風景をイメージしながら書いた。」と述べている

GLAYが1月末に発売したアルバムに、メンバーの母校の函館商業高と函館稜北高の合唱部がコーラスで参加

廃部の危機を乗り越え、憧れの先輩との共演を果たした。

7月8日付けのオリコン“本”ランキングBOOK部門では、GLAYによる函館ガイド「GLAY Walker 函館」が、週間売上0.8万部で24位に初登場、ジャンル別「旅行ガイド部門」では1位を獲得

GLAYとそのファンを待ち構える準備は万端

道警は、民間警備員も合わせた600人態勢で交通整理を行うほか、函館海上保安部も海上警備にあたる

函館市電は両日、ライブ後の午後7時半以降に6便を増発。民間のバス会社も臨時便として計46便の運行を予定

「函館朝市どんぶり横丁市場」の飲食店6店舗は、営業時間を7~8時間延長して深夜まで開店

ライブの様子

黒船を模したステージにメンバーが登場し、TERUが「また新しい歴史をつくろうぜ!」と宣言し、ヒット曲「グロリアス」で幕を開けると会場のボルテージは最高潮に達した。

アルバムメドレーではメジャーデビューアルバム「SPEED POP」や最新作「JUSTICE」および「GUILTY」からの楽曲をフィーチャー。ライブの中盤以降は土砂降り状態となったが、晴れ男のTERUは「雨がこんなに気持ちいいとは思わなかった」と言うと、全身で雨を浴びた。

1 2





INFO-RAVENさん