1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【中止へ】東京都が小中高の一貫校を計画【目指すは、首都大学東京?】

東京都が小中高一貫校を計画しています。小中高一貫教育基本構想検討委員会の様子から、理数系、英語による授業、海外への進学をポイントにしているようです。

更新日: 2014年05月05日

48 お気に入り 57174 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gaku1128さん

都立の小中高一貫、白紙に 猪瀬氏の「肝いり」構想

東京都教育委員会は、猪瀬直樹前知事の「肝いり」で進めてきた都立小中高一貫校の構想について、白紙に戻す方針を決めた。

下記は、白紙に戻った計画です。

東京都は、小学校から高校まで一貫して学ぶ都立学校を4年後の平成29年4月を目標に開校する方針を固め、教育課程を従来の小学校6年、中学校3年、高校3年の「6・3・3制」から、それぞれを4年とする「4・4・4制」に変えて、理数系の教育に力を入れた人材の育成を目指していくことになりました。

4・4・4制の理数系教育校!

東京都が小中高の一貫校を考えている。

東京都は25日、都立の小中高一貫教育校の新設を目指し、有識者による第1回の検討委員会を開いた。
 教育理念や学校規模、教員体制などを議論し、来年3月に報告書をまとめる。

2014年3月に報告書ができる。
構想段階ということでしょうか…

都教委は「公立として全国初の小中高一貫校を立ち上げ、理数系に強いグローバル人材を育てたい」としている。

「理数系に強い、グローバル人材」がポイントのようです。

猪瀬東京都知事もやる気!

小中高一貫校をめぐっては、猪瀬直樹知事が「受験、受験で切れるのではなく、(子供が)ものを考えていけるような形にしなければいけない。
 中高一貫校はあるわけで、小中高もやってみようということ」と言及、平成25年度予算に1千万円の調査研究費が盛り込まれた。

予算もつけられ、かなり話が進んでいるようです。

検討委員会で、どのような学校にするのか話し合いが進んでいます。

高等学校段階では全ての教育を英語で行うくらいのことが検討できないか。

英語教育に特色がありそうです。

設置するのであれば、徹底して、世界に通用する英才教育を行うべきである。

エリートを育てる学校でしょうか。

国内の大学だけではなくて、どんどん海外の大学へも進学するのであれば、この学校の特徴になるのではないか。

英語で学ぶなら、海外の大学に進学できますね。

教員の数を多くできないか。
 正規教員ではなくても、大学院生を活用するなどの対応もある。

大学院生が補助教員として、英語、数学や理科などサポートしてくれるのでしょうか。

都立小中高一貫教育校が1校であれば、そのサービスを受けられる児童・生徒は限られるので、この学校での経験を他の都立学校に展開していくべきではないか。

何校かつくるイメージなんですね。

委員の間からは、エリート教育について異論も

世界でたたかえる人材と小中高一貫教育との因果関係が浮かばない。

確かに、小中高で学ぶことと世界で通用する人材はイコールではないですね。

優れた能力を持った子供の中には、発達障害の診断を受けるような子供もいる。
 そういう子供を受け入れる学校が公立の中にあるべきではないか。
 そういう子供が持っている良い面を伸ばすことが必要である。

いわゆる天才肌の生徒も受け入れるということでしょうか。

いろんな意見のなかで、全国初の公立小中高への意気込み

日本全国に公立の小中高一貫教育校がなぜないのか。
 設置してみる価値もあるのではないか。
 いろいろと難しい問題はあるが、積極的に意見をいただきたい。

前例がない分、積極的に進めていく姿勢が見えます。

全国初の公立小中高の一貫校だけに、注目も集まります。
そのなかで大切なこと。
それは、教育でも「チャレンジ」することのようです。
今後も、見守っていきたいと思います。

Twitter上では

小中高一貫教育、6・3・3制から4・4・4制へ。東京都立の一部の高校で2017年から開校するらしい。 やる意味あんのか? てことは、小学4年生でランドセル終わっちゃうのかな?笑

4・4・4制になると転校や編入は同対策するのでしょうか?

求められてるのは理数系ですか。 東京都立小中高一貫校…

理数系だけに今回は絞られているようです。

都立小中高一貫教育校で東大合格者が増えるのか? 世間は灘、開成、桜蔭などが多数を占める東大合格者に注目してしまう。だが、12年間一貫ならば、いろいろな試みができるだろう。 bit.ly/156HsUM

12年間の一貫教育では、いろんなことを試すことができますね。

参考リンク

東京都教育委員会は、理数を中心に、世界に伍して活躍できる人間を育成するため、児童生徒一人一人の潜在能力を最大限に引き出す新たな教育モデルを構築することを基本的な考え方として、都立小中高一貫教育校の設置に向けた検討を行います。
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/pr130328e.htm

1 2