1. まとめトップ
  2. ガールズ

くせ毛を直す!自分で出来る簡単テクニック

湿気が多い季節はくせ毛にとっては憂鬱。私自身も自分のくせ毛に悩む1人です。しかし、縮毛矯正はお金がかかる(汗)…自分でお風呂上がりに、お出かけ前にできる簡単なくせ毛直しをまとめてみました。タオル・ドライヤー・櫛があればOK!

更新日: 2013年07月29日

caroshibaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2660 お気に入り 3533897 view
お気に入り追加

❤そもそもくせ毛の原因って…?

①毛根のゆがみ

←直毛の人の毛嚢はまっすぐであるのに対してくせ毛の人の毛嚢はねじれ、このねじれの強い人ほどくせが強いことがわかります。

②遺伝

「父がクセ毛で母が直毛ならどうなるの?」
結果は7割以上の確立でくせ毛になってしまいます。

③思春期時期のホルモンバランスの崩れ、髪質の変化

突然くせ毛になる原因としては、主に思春期があります。特に女性の場合はホルモンバランスの変化により大きく影響を受けやすいようです。

④ダイエット

過剰なダイエットを行うと頭皮に栄養がいかなくなり、血行不良になる事があります。ダイエットをすると髪は細くなり、リバウンドすると髪も太ります。コレを繰り返すとクセ毛連球毛となってしまいます。

⑤シャンプー、トリートメントの添加物や汚れによる毛穴の目詰まり

⑥老廃物が溜まる

質の悪いシャンプーやトリートメントを使用していると頭皮がアルカリ性となり、老廃物が出なくなり髪を圧迫してクセ毛になる場合があります。

くせ毛といっても先天的なものと後天的なものがあるようです。
後天的なものは、体調を整えたり、シャンプーはじめヘアケア商品の見直しで改善できそう!

▼そして、これがくせ毛さんたちがイラっとくる点

「くせ毛は水分量が少ないから乾燥して痛みやすい」

クセ毛は直毛に比べ、髪が歪んでいるためキューティクルがはがれやすいといわれます。また、髪と髪のあいだに隙間が多いため、元々もっている水分量が少なく空気が通り抜けやすいので、常に乾燥しやすいという性質があります。くせ毛の髪の乾燥・傷みは、湿気などでよりくせが強く出やすくなります。

乾燥しやすいくせに湿度が高くなってくると起こる悲劇はこれ↓

くせ毛は水分を吸収しやすく湿度が増してくると、くせが強くなり広がってしまうのです

乾燥しやすいわ、湿気には弱いわ…私も本当に梅雨から夏場は地獄です。
でも、生まれ持った体質、根本的に解決はできなくても、毎日のケアで改善できたらいいですよね。

では、まずはタオルドライの方法から見て行きましょう。

❤シャンプー後、正しいタオルドライでくせ毛を落ち着かせる

1.髪全体を優しく包むように、水分を取ります。

2.髪の毛をこすらずポンポンと叩く程度に

力を入れず、優しくポンポンと叩くようなマッサージ感覚で髪を拭いてください。濡れている髪は非常に傷つきやすいため、髪の毛をこすってはいけません。

そして、これが大事↓↓↓

タオルドライのポイントは、半乾きになるくらい水気をとることです。

半乾きにすることで、ドライヤーを使う時間を短くすることができ
髪へのダメージを減らし枝毛や切れ毛、くせ毛を防ぐことができます

❤ドライヤーでくせ毛を落ち着かせる方法

1.保湿剤を髪になじませる

・オイルや乳液タイプのトリートメントはタオルドライ後の濡れた髪になじませる

・ミスト・ジェルタイプは濡れた髪に少量、半乾きの髪に適量をなじませる

・トリートメントは頭皮や根元にはつけず、根元5~10cmから毛先にかけてつける

・つけ過ぎるとゴワつくことがあるので注意

1 2





caroshibaさん

自分自身が「知りたい!」と思うことを中心にまとめています。仕事柄、ブライダルネタだけは「知りたい!」ではなく「知ってほしい!」のスタンスのため長文失礼致します(^^;