1. まとめトップ

謎のお菓子「シベリア」って何?

「シベリア」はカステラで羊羹を挟んだお菓子(ケーキともとれます)です。主にベーカリーで売られていますが、洋菓子屋や和菓子屋でも扱っているところがあります。

あの黒い部分、羊羹だったんだ!

冷蔵庫の普及していない時代、ひんやりとした食感と涼しげな名前が好まれ、昭和初期には「子供達が食べたいお菓子No.1」であったと伝えられているが、発祥地から考案者、名称由来、食品分類に至るまで未だ正式な解明がなされていない謎の菓子である。

しかし、製造に手間と時間がかかることから、いつの間にか、シベリアはパン屋の店先から姿を消していきました。

ちまたでは「幻のケーキ」とも言われており,絶滅の危機に瀕しているといえる。

絶滅危惧種>_<

なぜシベリアって名前がついたのか?

1.「シベリア」の断面部分が,遠くロシアのシベリアの凍土を連想させるから
2.同様に断面部分が,シベリア鉄道の線路及び機関車を連想させるから

といった説がある(らしい)。 どっちにしても無理なこじつけ

映画での「シベリア」 モデルは西東京市産との噂?

西東京市のパン店でジブリスタッフが「シベリア」100個を買っていた!?

情報をつかんできたのは、システムエンジニアの松本敏治さん(西東京市)。映画を見て無性に「シベリア」が食べたくなり、ふと思い出した店を訪ねると……。

 その経緯は、松本さんのブログをご参照を。http://blogs.yahoo.co.jp/toshiharu_matsumoto/17420524.html

シベリアが食べたい!

そんなシベリア、いまでも食べることができます!

例えば

そのお味は?

あるパン屋さんのシベリア食べてみましたけど、甘過ぎで正直言って口に合いませんでした。


でも、好みは人それぞれ。こんな感想もありました。

結論からいうと、シベリアはかなり美味かったです!
シベリアとはよくいったもんで、とてもヒンヤリしたお菓子でした。というより羊羹がヒンヤリしていますね。

ふわっとしたカステラと、ヒンヤリとした羊羹が口の中で極上の食感をもたらしてくれます。「昭和初期の子供が食べたいお菓子No.1」は伊達じゃありませんでしたよ。

もし、機会があったらぜひ一度ご賞味あれ!

1





falcon0222さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう