1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

canyonstreamさん

大阪のエスカレーターは右側に立ち、左側を空ける

東京ではエスカレーターは左側に立ち、右側を歩行者のために空けるのが慣習となっている。
しかし、大阪では逆。右側に立ち、左側を歩行者のために空ける。

東京と大阪でエスカレーターの乗り方が違う

境界線はどこにあるのか

東京は左側に立ち、大阪は右側に立つ。ではその境界線はどこにあるのか。

東京と大阪の間にある、名古屋や岐阜は左側に立つ

立ち位置の違いは、関東と関西の違いなのか、だとしたら境界線はどの辺りにあるのか。
東京と大阪の中間である名古屋や、その北に位置する岐阜では、東京と同じく左側に立つ。

京都も滋賀も、東京都同じく左側に立つ

どうやら大阪に近い京都や滋賀でも、東京と同じく左側に立つのが通常なようだ。

京都は左です。京都が左の東京文化だとすると、境目は京都と大阪の間となります。

彦根も同じく左です。東京寄りです。滋賀県は左寄りのようです。

大阪より西側も、実は左側に立つ

どうやら大阪以西の広島や岡山でも、東京都同じく左側に立つのが慣習。
右側に立つか左側に立つかは、関東と関西の違いではないらしい。

エリアまとめ

「どんな時もエスカレーターの上から下までびっしりと左が空いている」という純粋な左空けのエリアは、大阪を中心とした、これよりさらに狭いものであろうと推測されます。

かならず左側をあけるのがルールのようです。日本では大阪だけがこのルールです。

なぜ大阪だけ右側に立つのか

なぜ大阪だけが右側に立つ慣習となっているのか。

諸説あり、実際のところは分からないが、大阪万博の際に、「左側を空けてください」とアナウンスされた、というのが有力な説らしい。
なお、現在でも大阪のエスカレーターでは「左側を空けてください」という注意書きが貼られているところがある。

大阪万博の際に、エスカレーターのマナーとして宣伝したらしい

大阪・梅田に初めて「動く歩道」が設置された時に。。。
「混雑防止のため、『左側』を開けてください」という触れ込みがあったそう

1 2





このまとめへのコメント1

  • togebozさん|2013.07.30

    仙台も右側だよ。

1