1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

男性ダンス&ヴォーカル・グループ『超新星』のユナク(29)が14日、東京・シネマート新宿で主演映画『無花果の森』(監督:古厩智之/配給:BS-TBS)初日舞台あいさつに女優・原田夏希(29)、MiNo(24)、古厩監督とともに登壇し、司会はTBSの水野真裕美アナウンサー(30)が務めた。

 ユナクによる日本映画初主演作品。日本に留学しジャーナリストを目指すも、雑誌社のパパラッチとして働いている韓国人青年・ヨンホ(ユナク)。世界的有名指揮者の妻・泉(原田)のDV疑惑を追っていたが、泉にそのことを伝える機会が訪れ、泉はすべてを捨てある町に身を隠すことに。住み込みで働くこととなった泉は、ある日、ヨンホと偶然にも再会するのだが、警察に追われるという事態に陥っており、2人は逃避行を開始する…

超新星のユナク(29)女優の原田夏希(29)が14日、都内で行われた映画「無花果の森」(古厩智之監督)の初日舞台あいさつに登場した。心に深い闇を抱える男女が織りなす、愛と悲しみの物語。ユナクは今作が日本映画初主演で、撮影について「韓国の映画は長回ししないけど、日本はほとんど長回しですごく勉強になった」と振り返った。劇中には原田とのラブシーンもあり、「夏希さんとの“絡み”があって…」と切り出すと、会場のファンは「フゥー!」と大興奮。続けて、「アイドルとしてどうしたらいいか悩んで、会社に相談したりした。まぁ、年はアイドルじゃないけど」と自虐的に話し、笑いを誘った。古厩監督は、ユナクについて「すごく良い匂いがしてドキドキした。“いや、俺はそういうの(趣味)はナイはずだ”って…。嫌みじゃない爽やかな匂いで、だんだん不思議な気持ちになった」と意味深発言。ユナクは後ずさりしながら、爆笑していた。

1 2