1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

全部食べたい!中国地方の駅弁10選

中国地方には魅力的な駅弁がたくさんありますが、その中から10種類をピックアップしました。おいしそうな駅弁は見ているだけでも楽しいですね。

更新日: 2019年06月29日

14 お気に入り 48869 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「山陰鳥取かにめし」鳥取駅(鳥取県)

ふたを開けるとほぐしたカニの身がごはんが見えないぐらいにびっしり。

炊き込みご飯にもカニの風味が染み込んで、“日本海の幸”の旨みが口の中に広がる。

容器は見ても楽しいかに型で、自然にやさしい部分分解樹脂を使用しています。

「いかすみ弁当 黒めし」鳥取駅(鳥取県)

初めて蓋を開けると驚く人が多い、イカ墨で炊き込んだ真っ黒なご飯。

ご飯の中にはゲソを散りばめており、イカ墨の香ばしい匂いとゲソの歯応えのある食感が同時に味わえる。

地元産の醤油で味付けしたイカの煮つけや、イカ団子などの副菜も食べごたえ十分。

「とっとりの居酒屋」鳥取駅(鳥取県)

その名の通り、居酒屋の暖簾をくぐったような賑やかな料理が並ぶ駅弁。

山陰鳥取ならでは山海の幸をふんだんに使った名物揃いで、その数なんと14種。

地魚「アゴ」のバッテラ風押し寿しや、青シソと柚子でさっぱりと仕上げたイカ寿司、甘酢ラッキョウ、「砂丘ながいも」の天ぷらなど、海の幸から山の幸まで、酒の肴にぴったりな鳥取の名産・名物が詰め込まれている。

「島根牛みそ玉丼」松江駅(島根県)

ご飯は島根県産コシヒカリにこだわり、牛肉は地元でのんびりと育ったストレスの無い島根牛を使用している。

そこに出雲の天然醸造みそと、地元の酒を合わせて、甘辛く炊いた島根牛の芳醇なこくが口の中で広がります。

真ん中のとろとろ玉子に箸を入れると、黄味の甘みがみそに溶け、一段と美味しさが増します。

「およぎ牛弁当」松江駅(島根県)

島根和牛の中でも、とくに肉質がやわらかいといわれる潮凪牛を使用したのが「およぎ牛弁当」である。

生産量が限られているため、貴重な味わいといえるだろう。

肉は奥出雲産の本醸造醤油と地酒、ミネラルたっぷりの自然塩「海士乃塩」で味付けられており、とろけるような食感と旨みを存分に味わえる。

「桃太郎の祭ずし」岡山駅(岡山県)

桃太郎の故郷・岡山にちなみ、かわいいピンクの桃型容器に入ったちらし寿司。

備前米の寿司飯の上に錦糸卵を敷き詰め、ままかり・さわら・シャコ・たこ・焼き穴子・刻み穴子煮・海老・竹の子煮・椎茸煮・菜の花漬・花蓮根・生姜などふんだんに使った郷土色あふれる「ちらしずし」です。

1 2