1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

全部食べたい!関西の駅弁9選

海の幸、山の幸に恵まれた関西の駅弁10種類をピックアップしてまとめました。地域色豊かな駅弁は見ているだけでも楽しいですね!

更新日: 2016年11月29日

480 お気に入り 292123 view
お気に入り追加

「近江牛大入飯」米原駅(滋賀県)

米原駅と共に歩み続けて百有余年、老舗弁当店「井筒屋」の人気駅弁。

ほんのりカレー風味で炊き上げたご飯の上に、牛肉と細切りの玉ネギを特製のタレで炒めたものが敷き詰められている。

やや厚めの牛肉はやわらかく、甘辛くしっかりと味付けされており、肉自体の旨さが脂身の旨みとともに口の中に広がる。

地産地消をアピールする弁当だけに、和牛はもちろん米やタマネギ、付け合わせの赤かぶまで滋賀県米原市産を使用している。

「元祖鱒寿し」米原駅(滋賀県)

発売から60年以上経ってなお根強い人気を誇るロングセラー駅弁「元祖鱒寿し」。

マスは滋賀県醒ヶ井(さめがい)渓谷の清流で養殖された一年魚を使用しており、脂がのった鮮やかな紅色の身が美しい。

爽やかな香気がマスの風味を引き出す巧みの技に、発売から半世紀以上が経過した歴史の重みを感じる。

「京都牛膳」京都駅(京都府)

かやくご飯の上に牛肉の照り焼き、錦糸卵、すぐき漬けなどをのせた牛丼ふうの弁当。

この駅弁では香煎(こうせん)製造の老舗「原了郭(はらりょうかく)」の黒七味を添えたのがミソ。

舌先にぴりっと感じる辛味と香味が牛肉の味を引き締め、濃厚な旨みをたっぷりと味わわせてくれる。

「竹籠弁当」京都駅(京都府)

上品な竹籠を容器にした美しいお弁当は、駅弁というより、料理屋さんでいただく懐石料理のようである。

3つの俵型ご飯と海苔巻きを中心に、田楽麩(でんがくふ)、湯葉、ダシ巻卵や青フキ、高野豆腐、リンゴの梅肉和えなど、色彩と味付けが上品な京都ならではの味覚が盛り込まれている。

車内で味わうだけでなく、京都の寺社巡りに携えてもいい。

繊細なので、持ち歩きはていねいに、決してタテにしないようお願いしたい。

「八角弁当」新大阪駅(大阪府)

八角形の経木容器にたっぷりの煮物、焼き物を散りばめた正統派幕の内。

昭和50年発売以来のロングセラーとなっている。

絶妙な塩梅のあなご鳴門巻きや、じっくり出汁を含ませた高野豆腐など、ひと手間かかった懐石風の品々が並びます。

俵型のご飯は冷めた状態で一番おいしくなるよう炊き加減にこだわっており、絶妙な弾力と粘り気がある。

1 2





やまぐちたくみさん

関心の赴くままに、いろんなジャンルでまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう