1. まとめトップ

このまとめの目的は2つです。
・被災地の状況・復旧支援のための情報をお伝えします。
・マスコミ報道の「萩市=全部水没」は違うんです。中心街・観光地は元気です。被災地のためにもぜひ観光にいらしてください!

「情報減ってきたけど、今、被災地どうなってるの?」このブログを見れば一番わかります。被災地から細かに情報発信されている梅乃葉の店長ブログです。
http://umenoha.ume8.jp/blog/

ボランティアセンターは「萩市生活応援センター」と改名して、
引き続きボランティアの受け入れを行っています。

「萩市災害ボランティアセンターで完了していないニーズを引き継ぎます。今までは、被災世帯の家屋及びその周辺の片付けを行ってきましたが、今後は家屋の掃除、生活相談、仮設住宅の引っ越し、話し相手、コミュニティづくりなど、新しいニーズに対応します。」

問い合わせ先など
http://www.city.hagi.lg.jp/soshiki/detail.html?lif_id=35741

萩生活支援センターFacebookページ
http://goo.gl/YWJXVa

萩市集中豪雨災害支援チャリティーイベント
秘蔵のトレジャーアニマル ダイオウイカ&リュウグウノツカイに大接近!

平成25年7月28日に発生した記録的豪雨により、萩市の田万川・須佐・むつみ地域で大きな被害が発生しました。
この災害にあわれたみなさまを支援するため、8/24、31、9/7の3日間、NPO萩まちじゅう博物館が主催し、萩博物館が協力して、チャリティーイベントを開催します。

めったにないイベントです。ふるってご参加&募金へのご協力をお願いします!

「自分の家のり災はどのレベルなのか?」まずはこの図から判断して、下記へ。
http://www.city.hagi.lg.jp/soshiki/detail.html?lif_id=20548

【弁護士の電話無料相談 】山口県弁護士会
電話番号:083-920-8730
開催日:8月13日(火)〜16日(金)
相談時間:10時 〜 16時
内容:土地や家・車・保険料・借金の返済・銀行関係・会社や事業経営・職場のことなど7月28日発生の大雨災害のためにお困りのことについて

躊躇せずまずはお電話を!

【便利】○萩セミナーハウスのボランティア宿泊対応を延長
電話受付:17時~19時 0838-21-7501
入所時間:17時~翌日09時
宿泊可能人数:8月15~16日は15人、17日は10人、18~23日は30人、24日は宿泊不可、25~31日は30人
○ボランティア送迎
萩市役所第3駐車場(萩総合庁舎と萩市民館の間)から須佐の災害ボランティアセンターまで送迎
07時30分 萩出発,17時頃 須佐を出発,18時 萩帰着
皆さまのボランティア協力をお願いいたします。
※総合問合せ:萩市保健福祉部0838-25-3137

宿泊・送迎つきでボランティアにご参加いただけます。お盆以降もまだまだ人手が必要です!

【補助金】下記3事業に対して単独市費で補助金が出ます。
①農地や農道・水路の崩土取り除き対策
②住宅裏などの崩土取り除き対策
③農業用水確保対策
問い合わせ:萩市農政課 0838-25-4192
http://www.city.hagi.lg.jp/soshiki/detail.html?lif_id=35639

農家の方、住宅裏が崩れる危険性のある方はぜひご利用を

【便利】被災地に宿泊しながらボランティア活動ができます。
施設:萩市田万川保健センター
受付:0838-25-3585(萩市福祉政策課 毎日9-18時)
住所:萩市大字下田万1036
地図:http://goo.gl/6uVsYJ
期間:8月10日(土)~31日(土)
※定員あり
※寝具,食事は各自で持参
※田万川温泉 利用特典あり

【いい話】会津若松市が山口・萩市に義援金 「震災時のお返しを」

 会津若松市は13日、7月の記録的な豪雨で被害を受けた山口県萩市に義援金163万2000円を送った。
 戊辰戦争で会津と長州は敵対したが、被災者支援では互いに力を合わせている。
 義援金は会津若松市議、市職員などから集まった。室井照平市長は「東日本大震災では萩市から多額の義援金、多くの支援物資が送られた。あの時の恩のいくばくかをお返しできればと義援金を募った」とコメントした。
 萩市から会津若松市に対しては、震災の義援金としてこれまでに2350万円が寄せられている。
(2013年8月14日 福島民友トピックス)

歴史を超えて互いに力を合わせる・・・本当にありがたいことです。

【いい話】竹田市から応援に駆けつけてくださいました!

“Cheer!Taketaのメンバーが8月7~8日にかけ、7月28日の大雨により洪水被害のあった山口県萩市を訪れ、災害ボランティアに参加しました。”

こういうつながりは本当にありがたいですね。

【いい話】8月10日16時30分に避難勧告の一部を解除します。
解除対象:田万川地域全域、むつみ地域全域、須佐地域の一部(須佐川龍背橋下流域及び唐津川周辺の約800世帯を除く)
各地域で住宅被害のため帰宅困難な方があるため、避難所(田万川地域4カ所及び須佐公民館)は継続します。

とはいえ復旧作業はまだまだこれから。災害ボランティアへのご協力よろしくお願いします!

須佐の大切なおたからである文化財の建物や民具も被害を受けています。多くの方の協力により懸命の救出が続いています。

【いい話】須佐浄化センター(須佐特定環境保全公共下水道)埋没・機能停止により、ご不便をおかけしましたが、9日14時に復旧しました。ただし、汚水処理能力が不安定なため引き続き節水にご協力をお願いいたします。

出典萩市防災安全課のFacebookページより

支援いただいた宇部市,下関市,長門市,益田市の皆様、心から感謝申し上げます!

【まだまだです】萩市で2090人のボランティアが参加。一方で、被害が広い範囲に及んでいる萩市では、ボランティアの数のほか、スコップや一輪車など家屋に流れ込んだ土砂を運び出す道具が足りていない。

【いい話】一部不通が続いているJR山陰線。JR西日本に山口県副知事が早期復旧を要望。「要望を踏まえて全力で復旧に努めたい」

【いい話】被災した小川の特産「梨」が無事出荷されています!”「災害で苦労しましたが、おいしいナシができたのでぜひ食べて欲しい」”

【記録】被災4日後の被災地(須佐)です。この廃棄物・・・いや、思い出の塊を、処理する大変さと、辛さを少しでもお伝えしたく。

【いい話】鳥取県を男性職員4人を萩市の復旧作業に派遣してくださっています。

感謝申し上げます。

【いい話】萩市ほか4市町を「局地激甚災害(局激)に指定」することが決定。
"局激指定を受けた地域では、堤防や道路、学校といった公共土木施設を復旧する際に、国庫補助率をかさ上げする特例措置が適用される。"

【便利】国道191号が復旧したことにより、被災地へのアクセスが改善しています。
マップも更新しています。 http://goo.gl/maps/rRpPJ

みなさん、復旧作業のボランティアにご協力ください!

【辛い話】須佐歴史民俗資料館も大きな被害を受けています。
http://hagihaku.exblog.jp/20813078/

地元の方や萩博物館のスタッフの皆さんが連日資料レスキューに取り組んでいます。

【被災者の方へ】萩市が被災された方への相談窓口を開設しました。
「どのような相談もお受けします。併せて電話での受付も行います」
萩市田万川総合事務所2階 08387-2-0300
萩市須佐総合事務所2階  08387-6-2211
※時間は17時までのようです。

出典萩市防災安全課のFacebookへの投稿より

【支援したい方へ】萩市が公式に義援金の受付を始めました。直接振り込みいただける方はこちらをご確認ください。萩大志館では首都圏を皮切りに募金箱の設置も進めています(全額下記の口座に寄付)
http://www.city.hagi.lg.jp/soshiki/detail.html?lif_id=35600

【支援したい方へ】萩市が救済物資の受付を始めています。
スポーツ飲料、インスタント食品、衣類、寝具、ゴム手袋などです。
http://www.city.hagi.lg.jp/soshiki/detail.html?lif_id=35599

【いい話】田万川地域・小川地区は3区、11区を除き、6日17時に断水を解除

出典萩市防災安全課の発表

【いい話】191号線は規制解除。通常通りのルートと時間で須佐・田万川方面に入れます。
(途中片側通行・速度規制あり)

本日191号線で須佐入りした人からの報告です。

1 2 3 4 5





イセキックさん


まとめ参加者(0)

このまとめに参加する