1. まとめトップ

中国海警局|尖閣周辺で確認された海警船。(船名の新旧対照まとめ)(2018/07/31更新)

尖閣諸島の周辺海域で確認された、中国海警局の監視船(警備船)の舷号(船名・番号)の、新旧対照まとめ。尖閣周辺で確認された船だけ。それぞれの船については簡単に。新たに確認される船が新造船ばかりになったので、タイトルを少し変えました。(2015/1/19)

更新日: 2018年07月31日

3 お気に入り 29774 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pelicanmemoさん

update 2018/07/31: 確認済みの3隻、海警2308、海警2501、海警31240。新たに、海警1305が確認された。
update 2018/03/19: 確認済みの3隻、海警2166、海警2305、海警2501。新たに、海警2304が確認された。
update 2018/01/15: 確認済みの2隻、海警2308、海警2401。新たに、海警2303が確認された。
update 2017/02/06: 確認済みの3隻、海警2305、海警2306、海警2102。新たに、海警31240が確認された。
update 2016/12/04: 確認済みの3隻、海警2151、海警2305、海警2308。新たに、海警2302が確認された。

⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣⌣
確認済(中国海警局が正式発足した後に、確認された順):海警2350、海警2166、海警2101、海警2506、海警2102、海警1126、海警2146、海警2151、海警2149、海警1123、海警2112、海警2113、海警1115、海警2337、海警2401、海警2305、海警2115、海警2306、海警2307、海警2308、海警2501、海警31239、海警31241、|(2016年8月) 海警33115、海警35115、海警35102、海警35104、海警31101、海監7008、漁政33001、海警33102、海警33103、海監8003、海監8027、海警44103、漁政45005、漁政45036(ここまで)|海警2502、海警2106、海警2302、海警31240、海警2303、海警2304、海警1305

参考資料

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

海警1305

「海警1305」は、国家海洋局/中国海警局(当時)の渤海・黄海を管轄する北海分局に所属する、"海監型"3000トン級海警船。
東シナ海を管轄する東海分局の「海警2305」「海警2306」「海警2307」「海警2308」の同型船。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「海警2303」は、農業部東海区漁政局の"漁政型"3000トン級海警船。全長110m。排水量3000トン(建造時資料)。
ヘリ甲板と格納庫を持つヘリ搭載型。
30mm速射砲1基、12.7mm自動機銃(RWS)4基を装備する武装船。高圧放水銃1基を装備する。

3000トン級漁政船新造計画(中国海警局の正式発足前から計画)で建造された中の12隻のうちの1隻。
東シナ海を管轄する東海区漁政局/中国海警局東海分局には3隻(「海警2302」「海警2303」「海警2304」)が配備されている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「海警2303」は、農業部東海区漁政局の"漁政型"3000トン級海警船。全長110m。排水量3000トン(建造時資料)。
ヘリ甲板と格納庫を持つヘリ搭載型。
30mm速射砲1基、12.7mm自動機銃(RWS)4基を装備する武装船。高圧放水銃1基を装備する。

3000トン級漁政船新造計画(中国海警局の正式発足前から計画)で建造された中の12隻のうちの1隻。
東シナ海を管轄する東海区漁政局/中国海警局東海分局には3隻(「海警2302」「海警2303」「海警2304」)が配備されている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「海警31240」は、もと中国海軍の053H2G型(江衛(ジャンウェイ)I型)フリゲート「540 淮南」艦。

全長111.7m、全幅12.1m、喫水4.8m。排水量2160トン(満載排水量2250トン)。航速25ノット。
(いずれも、海軍所属の頃の諸元より)

機関砲らしき装備を4基と、ヘリ格納庫とヘリポートを装備している。

もと中国海軍の江衛I型ミサイル・フリゲートは3隻が、退役、主武装の多くを撤去して改装した後に、中国海警局に移管された。「海警31239(もと「539 安慶」)」「海警31240(もと「540 淮南」)」、「海警31241(もと「541 淮北」)」。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

海警2302

「海警2302」は、農業部東海区漁政局の"漁政型"3000トン級海警船。全長110m。排水量3000トン(建造時資料)。
ヘリ甲板と格納庫を持つヘリ搭載型。
30mm速射砲1基、12.7mm自動機銃(RWS)4基を装備する武装船。高圧放水銃1基を装備する。

3000トン級漁政船新造計画(中国海警局の正式発足前から計画)で建造された中の12隻のうちの1隻。東シナ海を管轄する東海区漁政局/中国海警局東海分局には3隻(「海警2302」「海警2303」「海警2304」)が配備されている。

1 2 3 4 5 6