1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

謎につつまれた製品「BeoPlay A9」の正体

家具?椅子? 何だこれはっ!!?ハイセンスな商品のご紹介です

更新日: 2016年06月10日

otemotoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
141 お気に入り 65058 view
お気に入り追加

まずは洗練されたすばらしい製品をじっくりご堪能ください

これは一体何だ!?

パラボラアンテナではなさそうだ…

椅子か…?いや…

答えを言うと、この商品はスピーカーです。

どうやら音質や画質などスペックの良さを追求する傾向が強い日本メーカーの製品ではなさそうですね

製造メーカーはあのBANG&OLUFSEN(バング&オルフセン)

出典ameblo.jp

ピーター・バング(1900年〜1957年)と彼の学生時代の友人 スヴェン・オルフセン(1897年〜1949年)と共同で設立、1925年に創業

デンマークのオーディオ・ビジュアル製品メーカーおよびブランド

先進的な機能および操作性と融合したそのデザインは、オーディオにおけるインダストリアル・デザインの代表的存在として高く評価

MoMAのパーマネントコレクションとして収蔵されている製品は18を数える

充実の機能の紹介

3/4インチのツィーター2つと3インチのミッドレンジ2つ、そして8インチのウーファーを搭載

本体はコンセントにつなぎ、専用アプリ「BeoSetup」で自宅の無線LANネットワークに接続するだけの簡単設定。ボリューム調整などの操作はタッチセンサーで行う

極力無駄なコードやボタンなどは
排除されているようです

AppleのワイヤレスストリーミングAirPlayによりiMac, MacBook, iPhone, iPod, iPadのiTunesプレイリストを楽しめるほか、イーサネットやWi-Fi接続により各種デバイスの音源を再生できるサウンドシステム

デザインだけではありません。機能も充実してます

付属の木製フロアスタンドで床などに設置できるほか、専用ブラケットを使ってアート作品のように壁掛け設置もできる

エッジのきいたモダンインテリアみたいです

無駄を極力おさえた
ハイセンスなミニマムデザイン

apple製品のような雰囲気があります

オプションのスピーカーカバーは、シルバー、ブラック、レッド、グリーン、ブラウンの5色を用意

1 2





otemotoさん

需要があるのかどうか分からないような
ニッチな記事を中心にかいつまんで
まとめていきます

よろしくお願いします



  • 話題の動画をまとめよう