1. まとめトップ

終戦のエンペラーのみんなの感想・評価 [ネタばれ注意]!

どんどん更新していきます。ネタばれ注意!!参考にでもしてください。

更新日: 2013年07月29日

0 お気に入り 5858 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

raptor-22さん

終戦のエンペラー

映画の感想「終戦のエンペラー」 ~近代史が苦手な日本人にはぜひ見て欲しいです~ : おや、4人目ですか - 兼業主夫の子育て日記 blog.livedoor.jp/hiko_shino/arc…

「終戦のエンペラー」視聴了ー。 見ごたえもありましたが、個人的には外人さんの感想を聞いてみたくなる作品でした。

終戦のエンペラーを見てきたよ。感想についてはノーコメント。自分でみて自分で感じたことを信じればいいんじゃないかな。 個人的には米軍の建て前のセリフが面白いというか占領したのが米軍で良かったねとはおもう…というか、そこが私がアメリカが好きな理由でもある。

「アンコール!!」はもう、途中からずっと(T^T)ウルウル(T^T)のまま。むっちゃいい映画でした。「終戦のエンペラー」はお昼食べてすぐでちぃとばかしオチかけたけど、アメリカ目線にしては、ヘンな日本じゃなくてよかった~。まだまとまらないので感想はのちほど。(^-^;

「終戦のエンペラー」観てきました。感想を一言で言うと中途半端。面白くなかったですね。良くも悪くも中途半端なストーリーで、感動も感嘆も驚きもありませんでした。救いは演技が素晴らしかったことのみです。 / “【趣】終戦のエンペラーを公…” htn.to/UaFUsd

今日は風立ちぬと終戦のエンペラーという太平洋戦争関連映画を二本立てで見てきた。正直、どちらも感想に困る映画だった。風立ちぬは史実かと思ったが結構ファンタジーだった。風立ちぬ見終わった最初の感想としては、宮崎監督やりきっちゃったなあという感じ。

終戦のエンペラー観賞終了。 感想は後程。 言えるのは、風立ちぬよりも、遥かにいい映画

ネタばれにならない程度に感想~。終戦のエンペラー、これは日本じゃ作れないね。それくらい難しい部分の映画化。ちょっと主人公の准将の回想シーンが多い気はしたかも。以前、硫黄島見た時も思ったけど、なんで彼らアメリカ人スタッフは日本人より日本人のコト良く知ってるんだ?w。

「終戦のエンペラー」はかなり日本に好意的に描かれているのだけど、個人的にはフェラーズ准将とヒロインのロマンス部分はいらなかったかなあ…という感想(フェラーズ准将は実在の人物だが、ヒロインは創作)。もっとポリティカルな要素というか、そのへんが強いほうがよかった気も。

終戦のエンペラー、感想備忘録。 ハリウッド映画だけど、かなり日本人向けな印象。逆に、アメリカ人が観て共感出来たのか心配。

終戦のエンペラー見終わった。 かなり良い出来。日本終戦後をアメリカのマッカーサー側から見た話だった。 まあオレが細かく感想言うのは各々の思想があるから書かないけど、見て良かったと思ってる。

映画観たくてでも風立ちぬでもローンレンジャーという気分でも無かったので予告で気になっていた終戦のエンペラー見てきた。あの辺の歴史知識かなり薄っすらしかなかったから興味あったので。感想としては観て良かったなと。淡々としてるっちゃしてるけど観たいと思ってたテンションとも合ってたし

「終戦のエンペラー」観てきました。昭和天皇かわいいなあと不純な感想抱いていたら母が「やっぱり昭和天皇はアイドルだねえ」て言ったからああ親子だなっておもいました。全体的に観客の年齢層が高かったよ……

ブログ更新。今日観た映画「終戦のエンペラー」感想。(ネタバレなし。)自分的には、可もなく不可もなし、かなぁ・・・。劇場は満席でした。

「終戦のエンペラー」見てきたー。ネタバレにならない感想は、トミー・リー・ジョーンズが思った以上にマッカーサー。昭和天皇がどこから見つけたの?ってぐらい似てた。歴史好きならオヌヌメ

終戦のエンペラー。 全体的な感想はというと、、、、 薄 い もっと深く背景が描かれてるのを期待していたよ。

今日は「終戦のエンペラー」を観てきた。主義思想が絡むので感想が難しい…。だけど、神様が人になるのは本当に本当に大変なのねと思った。

今日は久しぶりに公開2日目という早さで「終戦のエンペラー」を観た!人の心の動きが丁寧に描かれていました。 だからこそもし観るのなら「字幕版」をオススメ。 そしてコレを観たからこそ!逆の立場の事実も知りたくなった。 という感想ぐらいは述べておきますw

朝も書いてたけども、今日観てきたのは「終戦のエンペラー」。 しかしこれな・・・!感想を述べるのが難しい映画だった。面白い面白くないという話じゃなく、感想をまとめられない(笑) あえて言うなら、「ああ、私日本人なんだわ」と、当たり前の事なのだけどそれを強く思った映画であった。

「終戦のエンペラー」観てきた。年輩の観客が多かったような。80歳は優に超えてるだろうというお爺さんが目にとまった。足が不自由そうなのにわざわざ見にきたんだな。あの世代だとどんな感想をもったんだろう。

@nobuko_kosuge 「終戦のエンペラー」その1。見てきました。感想を書くのは十年早いと言われそうですが(世間から)。あの映画ではフェラーズの過去をほじくる士官のみが悪人で、映画そのものも「誰が始めたか?」よりどう未来につなげるか、がテーマとネットに溢れてますが→

@nobuko_kosuge 「終戦のエンペラー」その2。しかも、あちこちのネットで「あの状況では天皇がゴーサイン出したかどうかは別として日本は戦争という選択肢しかなかったのは当然てすが」との「感想?」「批評?」もチラホラ見受けられ→

「終戦のエンペラー」観てきた。周りの人からは散々「ヒドイ」という感想を聞いていたので期待せずに観たわけだが、フィクションとして観るならいいんじゃないかと。史実を気にすると、その途端に、あまりにも各々の人物像や時系列などが違っていて、観れなくなるのだが。

終戦のエンペラー見てきた∧( 'Θ' )∧ アメリカのカルチャーもいいけど、日本のも改めて根深くてよいものをもってるなとおもった。って感想。 はて、町田へ。ここ数日で既に三回目となる。 pic.twitter.com/ohMBIHqkFs

終戦のエンペラー、観ました。今は色々な感情が渦巻いてうまく感想は言えませんけど、若い方々に観てほしいと心から思います。観て損はしません。よくできた映画です。

「終戦のエンペラー」鑑賞。一昨日ね。マッカーサー元帥から天皇の戦争責任の有無を明確にするよう求められて東奔西走するボナー・フェラーズ准将の姿を描く。架空のヒロイン・あやとのロマンスは不要な気もする。一応米国製作ではあるけれど、実質的には日本映画だね。米国の観客の感想が知りたいな。

1