1. まとめトップ

土屋アンナ主演舞台「誓い~奇跡のシンガー」公演中止の真相

土屋アンナ主演舞台の公演中止について、ニュースがとびかっていますが原案作者のブログ「重大なお話」が真実だと思い、まとめてみました。

更新日: 2017年03月10日

ange1204さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 412316 view
お気に入り追加

土屋アンナさん勝訴確定!

舞台監督の甲斐智陽氏(65)が約3000万円の損害賠償を求めた訴訟は、上告期限の9日までに甲斐氏側が上告せず土屋側の勝訴が確定した。

ミュージシャン・モデル・女優、これからのご活躍を応援しています。

土屋アンナさん 演出家の甲斐智陽氏に勝訴

いつも応援してくれるみんなへ

長い間ご心配をおかけしました。
みんなからの温かい言葉が大きな支えになっていたので感謝しています。
本当にありがとう。
これからも良い表現を続けていくので応援してもらえると嬉しいです。

土屋アンナ

歌手土屋アンナ(32)が13年に主演舞台「誓い」を無断降板したとして土屋側に損害賠償約3000万円を求めた訴訟の控訴審判決が22日、東京高裁で行われ、河野清孝裁判長は土屋側を勝訴とした1審判決を支持し、舞台プロデューサー甲斐智陽氏側の控訴を棄却した。

河野裁判長は、甲斐さん側が「女性の承諾を得られていなかった状況で、土屋さん側に相談せず一方的に中止を決定した」と指摘。稽古への不参加によって上演できなくなったと断定するのは困難だと結論付けた。

甲斐智陽氏 怒りをあらわに

甲斐氏は「納得できない。納得できれば、負けました、引き下がりますと言えるけど、このままじゃ気持ちが収まらない。上告は難しいと言われたけれど、できるんならば上告したい」と、なおも闘う姿勢を見せた。

上告できるなら、やりますよ。金の問題じゃない」と怒りをあらわに。「土屋アンナより裁判所だよね。ちゃんと調書を読めよ」と止まらなかった。

「幸福の科学に出家した清水富美加だって、ドタキャンしたら賠償金が発生するのは当たり前。それは土屋アンナも同じだ」と語気を強めた。

舞台の原作者 濱田朝美さん

芸名を天羽柚月 (あまは ゆずき)に変えて
今も歌手活動されています。

今日で歌手活動9年目を迎えました
この9年の中で色々とありましたが、応援して下さる一人一人のたくさんの皆さんがいて下さったから、今の私がここにいます。心から皆さんに感謝致します。

昨年末に出演させて頂きました、NHKのバリバラが再放送ことになりました。2月26日(日)Eテレ 午前1:00~1:45 ※25日(土)深夜 「ココがズレてる 健常者!~障害者100人がモノ申す」(再放送)「前回見逃したよ〜!」という方は、是非ご覧になって下さい

土屋アンナ側からの和解案 甲斐氏が拒否

土屋側から和解案が提示されたが、折り合わなかった。

甲斐氏は「向こうに和解する気があるのか分からない。今年中に終わらせたい」と疲弊。24日の審理で終結するが、和解に向けての協議は継続する予定。

取材に応じた甲斐氏は「(提示は)のめるものも、のめないものもあった。本当に向こうが和解しようとしているのか分からない。今年で何が何でも終わりたいんですが」と渋い表情だった

甲斐氏 土屋アンナとの和解協議決裂

非公開の和解協議を東京地裁で行ったが、決裂。甲斐氏側から和解案が提示されたが、折り合わなかった。

甲斐氏側は、一審で裁判所が出した和解案「土屋側が200万円を払う」を解決案として提示したが、土屋側が拒否した。

もう一度協議の場が設けられる見込みで、土屋側から和解案が提示される。甲斐氏は「これ以上は妥協できない。和解は無理でしょ」とバッサリ。10月24日の審理で結審する。

甲斐氏 東京地裁判決を不服とし控訴!

甲斐智陽氏(64)が約3000万円の損害賠償を求めた訴訟で、甲斐氏は8日、請求を棄却した東京地裁判決を不服とし、東京高裁に控訴した

今日もテレビの取材があったのですが、 月曜日に控訴します。
勝算はと聞かれ、勝たないとまずいでしょうと、一年も準備をして、何度も脚本を書き換え、作詩作曲をして、毎日のように稽古してた俺が準備不足で、三回しか稽古に来なくて、台詞も覚えていない土屋がおとがめなし、そんな裁判がまともだと、どうしても思えない❗

舞台の準備不足で棄却は、どう考えても、支離滅裂ですよね❗
土屋が準備不足だから稽古に出たくないと言っていたならまだしも、誰も言ってないのに、裁判所が勝手に準備不足等と決めつけていいのか❗

1 2 3 4 5 6 7 8





ange1204さん

元京都人、今は神戸人がオススメの観光スポット、グルメスポットを紹介します。

このまとめに参加する