1. まとめトップ

濱田朝美「誓い~奇跡のシンガー」主演土屋アンナで舞台化中止の真実 甲斐智陽監督こと高橋茂って?

このままいくと、株式会社タクト代表取締役 甲斐智陽 こと 髙橋茂 が全ての元凶ということになりますね。

更新日: 2013年07月30日

hikun.asapさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 106522 view
お気に入り追加

ことの発端は

土屋アンナが初めて主演する予定だった舞台「誓い~奇跡のシンガー」が土屋自身が「無断で稽古不参加」したために中止にしたと29日、同公演の公式サイトが発表した

主催者側は「主役の土屋が公的にも私的にも何ら正当な理由なく無断で舞台稽古に参加せず、そのことが原因で公演を開催することができなくなりました」と説明、「社会人としての責任をお取りいただくべく、損害賠償訴訟を含む断固たる措置を講じる」としている。

一方で土屋サイドは

「事実無根の内容にただただ困惑しております。舞台稽古期間中に原案の作者の方から『本件舞台の台本を見ていないうえ、承諾もしていない』という連絡があり、製作サイドに、原案の作者の方の固有の権利に万全の配慮を尽くすよう対応をお願いしておりましたが、本日突然、製作サイドの代理人より、一方的に公演中止の決定と損害賠償請求の書面が届いた」とのコメントを出した。

濱田朝美(はまだ あさみ)

1981年10月2日 宮崎県生まれ。

24時間の完全介護が必要な身体障害と言語障害を抱えていらっしゃる。
母との約束である「歌手になってNHK紅白歌合戦に出場」を目指して、日々路上ライブを中心に歌手活動を展開中。

レビュー
すごい歌です、こころの叫びです!
濱田朝美さんは出産の時の不幸な出来事により、以後体が不自由になります。しかし母親との歌手になって
紅白に出場するとの約束を胸に歌手の道一筋に歩み始めます。過去にこの歌のような壮絶な歌詞を耳にした
事はありません。それほど強烈な印象を与える歌詞であり歌い方です。しかし、彼女の歌にはこころに響く
なにかがあります。真実の持つ重みかもしれません。彼女が精一杯歌っている姿が目に浮かびます。
人間に不可能は無い!それをこのCDで実践して見せた濱田朝美さんに拍手を贈りたい気持ちになりました。

皆さん、ご無沙汰しています。
この濱田朝美ブログの方ではもう書かない予定でしたが、急遽皆さんにお伝えしたい、
いえ、しないといけない事があり、書かせて頂きます。

長文になりますが、お付き合いください。

皆さんももうご存じかと思われますが、私の本「日本一ヘタな歌手」が舞台化される事になりました。

その事について、どうしても納得がいかない事があり、この場を借りて事実をお話したいと思います。

実は今日、私の舞台の主演である、土屋アンナさんが、自分勝手に舞台練習を休み、そのせいで八月の公演が出来なくなったという内容が、舞台の公式ページに発表されました。
その発表は、全くの事実無根です。
これから、お話する事が真実です。

このブログにより土屋さんの発言が真実味を増しましたね

実は、最初の段階でこの舞台の話に関して、私は制作者側から全く許可を取られていませんでした。
私が舞台の存在を知ったのは、友人からネットに出ていたよ!というメールが来たのがきっかけでした。
その知らせに、慌ててネット検索してみた時には、もう舞台の記者会見の一週間前でした。
その時、私は何が起こっているのか全く把握できず、ただただ驚きました。
何日か後に、こちらから連絡を取り、本の出版社の元担当と舞台の監督に会う事が出来、事情を説明して頂きました。
すると、既に私から舞台化の許可を取ったと言われ、詳細の説明や正式な謝罪もありませんでした。
ですが、許可を取ったという内容を聞いていると、常識ではあり得ないものでした。
一年半ほど前に、私が多摩センターで路上ライブをしていた時
元担当が私の元に監督を連れて来て、"今後何か協力して下さるかもしれないから、ご挨拶して。"と言いました。
私はただ、自己紹介と今後何かありましたらよろしくお願いします。と言いました。
その事を、許可を取ったと言っているようでした。

しかし、その時は舞台化の話などは無く、その後も監督とお会いする事も、元担当からそのようなお話をされる事はありませんでした。

お二方の言い分は、それがこの業界では許可した事になるのだ。という事でした。

私は何度も、それでは許可にならない。と言いました。

すると監督は"そんなに許可と言うのなら、別に貴女でなくとも、障がい者はたくさん世の中にいる。違う人に頼んでも良いんだよ!"とおっしゃいました。
また、原作とは内容が多少異なるため、そんなに許可と騒がなくてもいい、と言う事を言われました。

監督は"そんなに許可と言うのなら、別に貴女でなくとも、障がい者はたくさん世の中にいる。違う人に頼んでも良いんだよ!"とおっしゃいました。

この部分許せないですね

その言葉に、私は憤慨し、この方にはいくら言っても理解していただけないのでは。と思いました。

一応元担当が、監督を宥め、今度近いうちに舞台の台本を私に見せ、そこで舞台化の許可を正式にして欲しいと言う事になりました。

その後いくら待っても台本は届かず、1ヶ月以上が経ち、突然7月16日のプレミアムライブ「舞台の成功をみんなで祝うパーティー」の案内が届きました

許可もしていないのにそんな案内が届いた事に、とても不愉快な気持ちでした。
しかし、それに行けば監督に会えると思い、参加する事にしました。
ですが、パーティーでは監督とは話をする事は出来ませんでした。

でもそこで、主演の土屋アンナさんにお会いする事が出来ました。
土屋さんはとても親しくしてくださり、"舞台の台本を見ましたか?貴女は本当にこの内容で許可を出したの?"と聞いてくださいました。
私はそこで今までの経緯をお話しし、舞台に関して困惑している事を打ち明けたところ、土屋さんも共感して下さり、協力して下さる事になりました。
そして、何も出来ない私の代わりに、監督に"濱田さんが納得出来るものにしてください。"と掛け合ってくださったのです。
また"原作者が納得し、許可した舞台でないのなら、出演出来ません"と伝えたそうです。

監督とは甲斐智陽こと髙橋茂

しかし監督はそれを全く聞き入れる事はないそうです。
私の所にはただ一枚の舞台の同意書のみを送りつけ、台本も詳しい内容説明もない状態で、毎日のように同意書にサインするように、と言う内容の電話ばかりかけて来ました。

私は説明も無しにサインは出来ないと思い、内容を教えてくださいとその度に言い、サインを断りました。
やっと台本が送られて来たのが2日前の事です。
そしてその台本を見ましたが、私の本が原作とは思えない程、内容が異なっており、自分の人生を侮辱された様な気持ちでした。

そこでやはり許可はしたくないと感じ、私の作品を原作と書かず、全くのオリジナルとしてやって頂きたいという意向を伝えようとしていました。

そして本日、舞台の公式サイトに、土屋アンナさんが無断で練習に出ないため、8月の公演は中止という内容の記事が発表されていました。
その発表は全くのデタラメで、これが真実です。

それに対し、私はとても怒りが鎮まらず、皆さんに真実を訴えたくなりました。
土屋アンナさんは、全くの無実です。
ただ、私のために監督に伝えて下さっていただけなのです。
皆さん、どう思われますか?
それでも土屋アンナさんが悪いということになりますか?

普通の大人なら、大きなことをやる時には、許可を取るものではないでしょうか?
それともこの監督さんは、私が何も出来ない障がい者だからということで、どうでもいいと思われていたのでしょうか?
ただ、こんな発表の仕方はあり得ないし、大の大人が考えるような事では無いと思います。

長い文章にお付き合いくださいました皆さん、ありがとうございました。
長々とすみませんでした。

濱田朝美(原文ママ)出典http://ameblo.jp/sakura-smile-for-you/entry-11582675117.html

甲斐智陽監督

甲斐智陽監督こと髙橋茂は右上

過去には安田美沙子主演舞台『息吹の瞬間~愛のうた~』をてがけている。

悪の根源は 株式会社タクト代表取締役 甲斐智陽 こと 髙橋茂 のようだ!(=`_´=)ニャ!→→→土屋アンナ舞台中止 原案著者の濱田氏「舞台化許可していない」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能 sponichi.co.jp/entertainment/…

こらひどい>原案者・濱田朝美氏、土屋アンナ舞台中止の真相激白!「監督の甲斐智陽ら制作サイドが許可なく舞台化をすすめた」【画像あり】 geitsuboo.blog.fc2.com/?no=4959#OD174…

株式会社タクト代表取締役 甲斐智陽 こと 髙橋茂 こいつが全ての元凶、諸悪の根源。 こんな奴はアーティストとは呼べない、人間のクズ。

1 2