1. まとめトップ

[面白いのに]シーズン1のみで打ち切られた海外ドラマまとめ[残念]

*随時更新中面白いのに、残念ながらシーズン1のみで打ち切りになってしまった海外ドラマ一覧です。シーズン1のみで完結している分気軽に見れるので、ある意味オススメです。

更新日: 2017年09月17日

73 お気に入り 1014193 view
お気に入り追加

Chicago Justice シカゴジャスティス 2017年3月1日-2017年5月14日 全13話

敏腕プロデューサーのディック・ウルフ(『LAW & ORDER』シリーズ)が手掛ける、米NBCのアクションドラマ『シカゴ・ファイア』と、そのスピンオフ『シカゴ P.D.』『シカゴ・メッド』の『シカゴ』シリーズ第4弾の、法廷ドラマ『Chicago Justice(原題)』。

『Chicago Justice』には、主演のフィリップ・ウィンチェスター(『ストライクバック:極秘ミッション』)をはじめ、カール・ウェザース(『ロッキー』)、ジョエル・カーター(『JUSTIFIED 俺の正義』)、モニカ・バルバロ(『UnREAL』)らが出演。

また『シカゴP.D.』から"異動"して地方検察の調査員として活躍していたアントニオ・ドーソン役のジョン・セダが出演しています。

米ドラマ「シカゴ・ジャスティス」の打ち切りが決定したようだ。

NBCの幹部らはディック・ウルフがクリエーターを務める、アメリカの法廷を舞台にした同ドラマの第1シーズンの視聴率が振るわなかったことから、制作の打ち切りを決めたと報じられている。

しかしその一方で「シカゴ」シリーズのほかのシリーズ「シカゴ・ファイア」「シカゴ・P.D」「シカゴ・メッド」らは、再び来年度に新シーズンが放映される予定だと「Deadline.com」は伝えた。

「シカゴ・ファイア」のスピンオフ作品として制作された「シカゴ・ジャスティス」の打ち切りに出演陣のカール・ウェザースやフィリップ・ウィンチェスターはショックを受けているに違いない。同ドラマで検察官マーク・ジェフェリーズ役を演じたフィリップは最近、現代社会における問題に向き合うこのドラマに出演することは自分自身にとって素晴らしい挑戦になっているため、今後もドラマが継続されることを願うと話していたばかりだった。

http://www.cinemacafe.net/article/2017/05/25/49694.html

24: Legacy  24:レガシー 2017年2月5日-2017年4月17日

6ヶ月前、イエメンでテロリストの首謀者を殺害した陸軍特殊部隊のエリート、エリック・カーター。その後アメリカの地で突如襲撃を受けたエリックは、自身だけでなく家族の命、そして国家までもが危険にさらされていることを知り、作戦を指揮した元CTU(テロ対策ユニット)局長レベッカ・イングラムに警鐘を鳴らす…。
運命のカウントダウンが刻一刻と動き出す中、巨大な脅威と立ち向かい、史上最大のテロ計画を阻止するため、新たな英雄が命がけの戦いに挑む!

あのジャック・バウアーこと、キーファー・サザーランドが製作総指揮に名を連ね、オリジナル・スタッフが再結集して誕生した「24」シリーズ初のスピンオフ作品!

FOXテレビは、『24』のスピンオフである『24:レガシー』の打ち切りを決定しました。
各メディアが報道しています。

Variety誌によると、FOXは、近年、いくつかの古典ドラマのリブートを積極的に追求してきました。

最近の 『X-Files』シリーズは2015-16シーズンの最も注目されたシリーズの1つにランクインしましたが、 『24:レガシー』と『プリズンブレイク』のリブートは微妙な状態でした。

ある批評家のレビューでは、「『24:レガシー』はすべての基本を取り上げ、インスピレーションや関連性のある方法を追加していない。全体として、この一般的に厄介なリブートは、制作者としての役割を果たしているが、キャストのスター性の問題でもある。元の『24』からは1人しかキャスティングしていないのは、いただけない。」と話しています。

スーパーボウルの興奮冷めやらぬまま、1750万人の視聴者を獲得したプレミアに続いて、失速し、440万人まで低下。
視聴率としては、18歳から49歳のデモでは平均2.1で、シーズンの全放送シリーズで34位という結果に終わっています。

https://kaigai-drama-board.com/posts/7552?p=1

エメラルドシティ 2017年1月6日- 2017年3月3日 全10話

不朽の名作「オズの魔法使い」が、『ザ・セル』のターセム・シン監督に最新の映像魔術をかけられ、不気味なほどに美しい物語に生まれ変わった!ある日ドロシーが竜巻に連れ去られ迷い込んだのは、“偉大なる魔法使い”が王として治めるオズの国。しかしそこでは、伝統的な魔法が進化した科学によって封じられ、激しい政権争いが巻き起こっていた。空から堕ちて来た悪しき存在として、ドロシーのまわりには彼女の命を狙う敵ばかり。数少ない味方のシェパード犬のトトや、記憶を失った戦士のカカシと共にドロシーはエメラルドシティを目指すのだがー。

今までの“オズ”とはひと味違う、大人が楽しめる本物志向の世界観が散りばめられた本作。主人公のドロシーを演じるのは、『パシフィック・リム』の続編に抜擢された、期待の新星アドリア・アルホナ。魔法使いには『マグニフィセント・セブン』で高く評価されたヴィンセント・ドノフリオ。CGだけに頼ることなく、壮大なスケールのロケ撮影を敢行、スペインの山に登って撮った雲より高い位置からの景色、荘厳な城、クロアチアの湖群国立公園やブダペストのミステリアスな風景などが観る者を圧倒する。

2017年の1月にデビューした「エメラルドシティ」は、10のエピソードで打ち切りになりました。 初回の視聴者数は、450万人で毎週230万人の視聴者数とふるわず、フィナーレの視聴者数はわずか290万人となりました。オズの魔法使いを現代版にアレンジしたストーリーがいまいちと批評家からはさんざんな評価となりましたが、Huluで配信されていたこともあって、日本では「面白い」「続きが気になる」と、人気がある作品です。またTV関係者の間で、別の設定でオズの魔法使いをモチーフにした作品の制作予定も考えているそうです。

APB ハイテク捜査網 2017年2月6日 – 2017年4月24日 全12話

ある日強盗による親友の殺害を目の当たりにした、ハイテク企業の実業家ギデオン・リーヴス。一向に犯人逮捕の糸口が掴めないシカゴ市警を見かねた彼が起こした行動とは、なんと警察署自体の買収だった! シカゴ市警の一画となる13分署を丸ごと買い取り、犯罪捜査専用アプリ「APB」を導入、専門分野のハイテク技術をフル活用して始動した、ギデオン率いる21世紀型の超強力捜査チーム。持ち前の企業家精神でリーダーシップを執る彼の“民間警察”は、犯罪と汚職が蔓延るシカゴの街で、果たしてどこまで通用するのか!?
全米で放送開始以来、早くもあの「24:レガシー」と並ぶ高視聴率と話題を獲得!!

APBは、「法人が警察を買収する」「天才によるハイテク操作」の設定が新鮮でしたが、パイロット版の視聴者数は、610万人とそこそこの結果でした。しかしながら4月24日のシーズン1のフィナーレでは視聴者数が272万2000人とかなり低いものになってしまいました。

リミットレス(原題) / Limitless 2015年9月22日-2016年4月26日 全22話

脳を100%活性化させれば、人間に不可能はなくなる

ごく一部しか使われていないといわれている人間の脳を100%活性化する薬をめぐるサスペンス・スリラーとしてヒットした映画『リミットレス』を、全米ネットワーク局CBSがTVシリーズ化。映画版に主演したブラッドリー・クーパーが同じエディ・モーラ役で出演し、製作総指揮をつとめたことでも話題を集めた注目の最新海外ドラマが「リミットレス」だ。

売れないミュージシャンで定職にも就かずにあてのない生活を送っている主人公ブライアン・フィンチは、かつて一緒にバンドを組んでいた友人イーライに奇跡をもたらす薬“NZT-48”を分けてもらう。“NZT-48”の驚異的なパワーに感嘆するブライアンだったが、その直後、イーライが何者かに殺され、ブライアンの人生は大きく変わっていく……。

ブラッドリー・クーパー主演の映画『リミットレス』のテレビドラマ版が、第1シーズンで終了することになったと The Hollywood Reporter などが報じた。

 同ドラマは放送が始まった後、当初予定されていた13エピソードから22エピソードに拡大され、創造性に富んだストーリーが評価されていたが、視聴者を獲得することができなかったようだ。

 米CBS局はAmazonとNetflixに継続を持ちかけたそうだが、どちらにもパスされたとのこと。ショーランナーを務めていたクレイグ・スウィーニーは、「残念ながら、『リミットレス(原題) / Limitless』はいかなるプラットフォームでも継続しないことになりました。観てくれた全員に感謝します」とツイートで打ち切りを報告している。

 テレビドラマ「リミットレス(原題)」は、脳を100パーセント活性化させるドラッグ「NZT48」に主人公が翻弄(ほんろう)される映画版とは異なり、ドラマ版の主人公ブライアン・フィンチが「NZT48」の効果を利用して、FBIの犯罪を解決していくという設定。ブライアンを「シェイムレス 俺たちに恥はない」のジェイク・マクドーマンが演じ、「デクスター ~警察官は殺人鬼」のジェニファー・カーペンターがFBI捜査官レベッカ・ハリス役で出演していた。

 映画版で主人公エディ・モーラを演じていたブラッドリーは、上院議員となったエディ役で4エピソードに登場し、製作総指揮も務めていた。(澤田理沙)

1 2 3 4 5 6 7 8





gossipandfashionさん

国内、海外問わず、セレブのファッションやゴシップ記事をまとめています。