1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

EXILEライブ落雷死亡事故でエイベックス子会社を提訴

2012年8月、「EXILE」らが出演するライブ「a-nation」のために大阪・長居公園にいた2人が落雷により死亡した事故。亡くなった北九州市の会社員岩永牧子さんの両親が、避難誘導を怠ったとして、「エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ」など2社を提訴した。

更新日: 2013年07月30日

10 お気に入り 148624 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼落雷死亡事故でエイベックス子会社側を提訴

亡くなった北九州市の会社員岩永牧子さん=当時(22)=の両親が30日、主催者なのに避難誘導を怠ったとして、「エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ」(東京都)など2社に計8200万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。

▼事故の概要は

落雷があったのは公園の南西入り口付近。トイレの西側にある高さ約20メートルの木の下で若い女性2人があおむけで倒れていた。

人気グループ「EXILE」らが出演するライブ「a-nation」のために公園内にいた

公園では18日午後に2回の落雷があり、男女10人が搬送された。

▼両親は「事故は予見可能」と主張

「子どもたちが同じような思いをするのではないか、また親たちが同じような思いをするのではないか、という気持ちがものすごくあって、毎日それで目が覚めます」(母 和子さん)

▼過去には雷での賠償を命じた判決も

落雷事故をめぐっては17年前、サッカーの試合中に男子高校生に落雷した事故で、最高裁が雷の予測は出来たと判断。

その後、スポーツイベントなどでは、会場への誘導など雷に対する対策が進んでいます。

1