1. まとめトップ

【NINJA MAGIC他】ニンジャメタル全部

ニンジャに関連するヘヴィーメタルを集めました。タイトル通り、「ニンジャメタル」を「全部」集めるのがコンセプト。

更新日: 2016年01月03日

11 お気に入り 23453 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

takeshi0406さん

ヘヴィーメタルは、(サブジャンルにもよりますが)非常に作りこまれたコンセプチュアルな作品が多いジャンルです。北欧の神話やファンタジー作品を主題にした楽曲もあり、あるときは美しく、あるときは猛々しくその物語を表現します。
同様に、ニンジャをコンセプトとしたヘヴィーメタルバンドや楽曲も少なからず存在し、各々のやり方でニンジャのカッコ良さや恐ろしさを表現しています。国外のバンドは、日本やニンジャに対するステレオタイプや勘違いも多いのですが、逆に言えば自由な発想のニンジャ像を捉えられると言えるでしょう。

※ニンジャ「メタル」特集といいながら、メタルかどうか微妙なラインのバンドもガンガン入れています。また、バンド名や曲タイトルやPVに「ニンジャ」とか「シュリケン」とか出てるだけでも貼りまくってます。

フィンランドのエピック・ニンジャ・メタルバンドNinja Magic

ニンジャ・メタルバンドを語る上で欠かせないバンドです。2000年代中盤にネット上で話題になったバンドですが、現在でもメンバーチェンジを経て継続中です。

言ってしまえばB級メロディックスピードメタルなのですが、(当時)ボーカルのカワサケ・ヤマモトのハイトーンボイスや独特の疾走感、そしてPVからあふれるニンジャ愛がクセになったという人が多かったと思います。(フィンランドの真っ白な雪景色の中で、逆に目立つ黒装束を着ているのがポイント)
このNINJA MAGIC、メンバーチェンジを挟みつつ、2013年現在も活動を継続中だそうです。

紙面の都合上これだけで紹介を終わりますが、彼らについてもっと知りたい方のために、他の方の詳しい記事や公式Facebookページのリンクを紹介します。ちなみに、最新作が無料配信されています。

DragonForceメンバーのサイドプロジェクトShadow Warriors

DragonForceのサム・トットマン(Akimo)によるサイドプロジェクト。公式サイト(下記)でアルバムを無料ダウンロードできるようです。ジャケットからものすごいニンジャ・アトモスフィアを感じます。

Dragonforceの活動の傍らでサムとZPがデビューを計画していたバンド「SHADOW WARRIORS」。Key.を除いた4人編成だったが、なぜかドラムは打ち込みである。ジャンル的にはメロスピではなく、メタル寄りのパンクロックらしい・・・(本人達のコメントより)。

本家ドラゴンフォースによる、Shadow Warriorsの「Feel The Fire(上記)」のカバーです

ニンジャ・アヴァンギャルド・メタルTwelve Foot Ninja

フランスのアヴァンギャルドな作風のミクスチャーバンド。曲の途中でDjentやレゲエやファンクなど、明示的にジャンルを切り替えるのが特徴です。公式Facebookによると、ジャンルは「Heavy Fusion」。

Lostprophetsの「Shinobi vs. Dragon Ninja」

(いきなりヘヴィーメタルかどうか微妙なラインではありますが…)
イギリス出身のオルタナティブ・ロックバンドLostprophetsに「シノビ VS ドラゴンニンジャ」という楽曲があります。かっこいい曲なのですが、強烈なタイトルに困惑しているファンも多いようです。

来日公演も行うほど人気のあるバンドだったそうなのですが、現在はフロントマンのイワン・ワトキンスに対する「2人の女性も子どもに対する性犯罪」の容疑で起訴され、活動休止中。

Ianは弁護士を通じて声明を発表し、自身の名誉を晴らすためにも最後の最後まで戦うつもりだという意思を明らかにした。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10