1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

【思わず】人気女性漫画家が表紙を手がける小説【手に取る】

絶版にするのはもったいない!入手困難な本もあるかもしれません。女子からの支持率が高い漫画家が表紙を手がける小説を集めてみました。読んだ時によりイメージも広がりやすいのでは?

更新日: 2014年07月21日

39 お気に入り 35697 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

芥川賞作家のアンチ・スロー小説。失業中で小説家志望の息子。妻はよその男と恋愛中。三度目の結婚生活も危うそうな、写真家の父親。そんな二人が軽井沢の山荘で過ごす、とりとめのない夏の終わりの思い…。

堺雅人主演で映画化にもなりました!ハッピーマニアなど突き進むオシャレな女性を描かれる安野モヨコさんによる表紙。まさかのジャージの二人を描くというミスマッチ感が逆に良い。似てます。

十四歳の緑が語る物語と、棟田さんという謎の中年女性が語る物語の、二つの物語で構成される本作は、「女の生きる道」を大きなテーマとし、西氏にとって挑戦作ともいえる作品

口に表せない「あるある」感を描かせると天下一品。もはや大御所、「潔く柔く」のいくえみ綾さん。西加奈子さんは「さくら」「黄色いゾウ」でもお馴染み。

寝たきりの愛犬と迷える姉弟の青春物語。両親が離婚し離れて暮らす姉弟。完璧主義の姉・園は不毛な恋愛にはまり、体が弱く冷めた性格の弟・行は進路に悩んでいる。寝たきりの愛犬・ハルを間に揺れる二人。第18回小説すばる新人賞受賞作。

いくえみさん×飛鳥井さんの組み合わせは他にもあります。

著者:島田雅彦
表紙:ヤマザキマリ

優雅に堕ちてゆきたい。奇跡の美貌を持つ女vs.世の中を悪くする男たち。誰からも愛されたがゆえ誰よりも辛酸を舐めた千春にハッピーエンドは訪れるのか?『好色一代女トゥデイ』デビュー30年・渾身の長篇小説。

大ヒット「テルマエロマエ」を生み出したヤマザキマリさんによる表紙。作者の島田雅彦氏は顔も端正で文壇界のイケメン。

昭和六十三年。ゲーム機賭博で数億円の荒稼ぎをしていた赤坂の喫茶店経営・石山詩子が、常習賭博の現行犯で逮捕された。フリーライターの蒲田は拘置所で詩子と面会する。旧友で亡くなった刑事の寺本から「あの人のことを頼む」と墾願されていた。家庭を壊し、刑事という立場も顧みずして死の直前まで意識野にのぼらせ続けた女は、一方、寺本のことなどまったく意に介す様子を見せなかった。その後、巻き込まれるようにして蒲田は政財界の中枢をになう人物たちと会う羽目になり、詩子との不可思議な関係を目の当たりにする。

「うどんの女」のえすとえむさんによる表紙。

恋人のいない女と男の勘違いを描いた2編!小さな美術館で働く私。ほんのささいな出会いでも「この人と結婚するかも」と勘違いを続けていたが、ドキドキから醒め、新たな付き合いが始まる・・・。

リアルだけどくすっとおかしい和み系漫画を描く渡辺ペコさんによる表紙。

孤児院出身のアンが、11歳でマシューとマリラに引き取られてからクィーン学院を卒業するまでの少女時代を描いたモンゴメリの傑作。羽海野チカさんの描き下ろしカバーイラストと、木村由利子さんの新訳でお届け。

素朴で可愛らしい絵が赤毛のアンの雰囲気と合ってますね。表紙は「ハチミツとクローバー」の羽海野チカさん。絵柄がキュートな絵でお子様も手を出しやすい名作です。

おれは猫魂。日本古来の憑き物だ。主君である潔子28歳は無口で地味な派遣OLだが、襲い来る憑き物たちに彼女の怒りが爆発する時、おれの猫魂パワーが発動される!地味OL28歳が黒ずくめの美女に変身!痛快・妖魔退散エンタメ!猫魂降ろしていじわる退治!第4回ダ・ヴィンチ文学賞大賞受賞作。

「ママはテンパリスト」「主に泣いてます」等、ヒットメーカー東村アキコさんが表紙。ライトノベル風?

著者:島本理生
表紙:小川彌生

強引で女子力全開の華子と人生流され気味の理系男子・冬冶。双子の前にめげない求愛者と微妙にズレてる才女が現れた! でこぼこ4人の賑やかな恋と日常。ずっと一緒にいられたら…。キュートで切ない青春恋愛小説。

きみはペットで年下男子を流行させた小川彌生さんによる表紙。

戦国期、天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じた。そのなかに支城、武州・忍城があった。周囲を湖で取り囲まれた「浮城」の異名を持つ難攻不落の城である。秀吉方約二万の大軍を指揮した石田三成の軍勢に対して、その数、僅か五百。城代・成田長親は、領民たちに木偶の坊から取った「のぼう様」などと呼ばれても泰然としている御仁。武・智・仁で統率する、従来の武将とはおよそ異なるが、なぜか領民の人心を掌握していた。従来の武将とは異なる新しい英傑像を提示した四十万部突破、本屋大賞二位の戦国エンターテインメント小説!

上巻は成田長親、下巻は石田三成らしいですよ。オノナツメさんが描く男性はいつもシュッとしてて色気がありますね。歴史上の人物でもそれは健在。

七瀬和美は小学1年の娘を持つワーキングマザー。女性誌の副編集長と子育てとの両立を頑張っていたつもりだったが、ある日仕事と子育ての両方で追いつめられる…。ワーキングマザー編集者のサバイバルがいま始まる!

「サプリ」などでお馴染み、働く女性の支持率が高い、おかざき真理さんが表紙を手がけられました。内容とぴったり!

漫画家を目指すアヤコと、ミュージシャンを志すシンは別々の高校に進むことになる。卒業式のあと二人は約束する。10年後にまた会おう。10年、その間に二人はどうなるのか。淡く切ない、残酷だけど美しい日々を描いた青春小説。

かわいらしいほんわかした絵でりぼんっ子の憧れの恋を描く谷川史子さんが表紙。胸きゅん絵がときめきを増加させます。

著者:宮本あや子
表紙:瀧波ユカリ

幸せになるまで死ねません!恋も仕事も夢見る少女じゃいられないアラサー女子の、心の叫びがこだまする!笑って泣いて仲間と飲んで、明日もがんばる痛快作。

表紙はあの江古田ちゃんのお方。江古田ちゃんの生き方と題名と絵柄が合ってます。

かもめ幼稚園で働き始めたちかこは、やる気のな~い毎日。うるさいママさんグループや生意気な子供たち、日和見主義の園長、マイペースな先輩…とうんざり。それなのに彼氏は全然話を聞いてくれず、鬱憤はたまる一方。もうやめちゃおっかな、と思いはじめたころ、ちょっと素敵なパパに惹かれてしまって…!?

巻末には宇仁田ゆみさんのエッセイ漫画も収録。宇仁田ゆみさんは代表作「うさぎドロップ」のように子供が出てくる漫画も多い。

京都―河原町御池交差点。蘿蔔むつみはそびえ立つJDC(日本探偵倶楽部)ビルディングを双眼鏡で一心不乱にみつめる奇妙な探偵志望者・虚野勘繰郎とめぐりあう。―それが過去に66人の名探偵の命を奪った『連続名探偵殺戮事件』の再起動と同調する瞬間だとは思いもよらずに…!?

ライトノベル界では知らない人はいない!「化物語」西尾維新さんと、「溺れるナイフ」や「恋文」等女子心を刺激し続けるジョージ朝倉さんとのまさかのコラボ!どうして?!

1 2