発熱は一種の生体防御反応であり、人体というのは、あえて体温を高めることで免疫力を上げているということも明らかになってきている。例えば、白血球は、病原菌に対する貪食(どんしょく)・殺菌能などを有しているが、その白血球は、体温が平熱よりも1度下がると30%以上 働きが低下し、逆に平熱より1度上昇すると5 - 6倍の働きをするということが明らかになった 。

出典風邪 - Wikipedia

参考文献  石原結実『東西医学』講談社、p.86

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

医者や薬剤師が、風邪薬を飲まないのはなぜなのか。

風邪程度だと、薬を飲まない医師や薬剤師も多い。なぜ風邪に薬が効かないのか。本当の風邪の直し方についてまとめました。

このまとめを見る