出典 news.so-net.ne.jp

オートバイのピーク
日本において、二輪の総需要がピークとなったのは1982年の320万台と言われ、そこからずっと減少傾向を続けています。ピークより30年で現在の44万台と言う数字をみるに、実に約87%の縮小となりました。しかし、それとは反比例し大型免許の所得者は大幅に増えています。

この情報が含まれているまとめはこちら

リターンライダーあらわる。なにやらバイクが売れてるらしい♡♡バイク・ブーム到来!?♡♡復活の予感♡♡

バイクの売れ行きが好調らしい。二輪車(125~250cc)では前年の3倍以上も売れるメーカーも出ている。メーカー各社が2012年からバイクの復活をかけてモデルチェンジし、価格と燃費を下げたことが大きいようだ。

このまとめを見る