また、ガソリン価格の高騰が続く中で、燃費も重要であることを強調した。700ccでは従来一リットル約20キロメートルだったものを約30キロメートルまで可能にした。こうした新しいバイクを2012年から販売した結果、40代を中心に、50代といった、以前にバイクを愛好していたお客が戻ってきた。

ただし、喜んでばかりもいられない事情がある。それは若者のバイク離れだ。若者に支持されてこそバイクの「復活」は完成するわけで、ホンダは近く20歳代をターゲットとした110cc、125ccの2車種について30万円を切る価格で市場投入する計画だ。

はたして若者はバイクに興味を示すのか。中古バイク買取販売のバイク王&カンパニーの広報によれば、第二次バイクブームを経験した人々は今40代から50代。その世代がバイクに回帰しているのではないか、と見る。

出典バイクバカ売れ、ブーム到来の予感 40代、50代が戻り今度は20代狙う : J-CASTニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

リターンライダーあらわる。なにやらバイクが売れてるらしい♡♡バイク・ブーム到来!?♡♡復活の予感♡♡

バイクの売れ行きが好調らしい。二輪車(125~250cc)では前年の3倍以上も売れるメーカーも出ている。メーカー各社が2012年からバイクの復活をかけてモデルチェンジし、価格と燃費を下げたことが大きいようだ。

このまとめを見る