1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

keioooさん

★乱暴と待機

人間の可笑しみと哀しみを、暴力的なまでのうねりと疾走感で描く、気鋭の演出家・作家の本谷有希子。彼女自身の作・演出で05年に上演され、その後小説として刊行された『乱暴と待機』は、男女四人の淫靡で滑稽な物語。

妻の地元の市営住宅に越してきた新婚夫婦と、近所に住む怪しい兄弟が巻き起こす(ラブ?)コメディードラマ。とにかく面白い。今まで見た日本映画の中で一番笑えました。特に浅野忠信さんが演じる英則という人がどツボにハマってしまいました。とにかく全編に渡り本谷有希子ワールド炸裂でした。なんでこんなに面白い話が思いつくんだ。「腑抜け~」が面白かったという人も必見です。

★空気人形

古びたアパートで、持ち主である秀雄と暮らす空気人形――空っぽな、誰かの「代用品」。
ある朝、本来持ってはいけない「心」を持ってしまう。
秀雄が仕事に出かけると、洋服を着て靴を履いて、街へと歩き出す。
初めて見る外の世界で、いろいろな人間とすれ違い、つながっていく空気人形。
ある日、レンタルビデオ店で働く純一と出会い、その店でアルバイトをすることに。
密かに純一に想いを寄せる空気人形だったが、
彼の心の中にどこか自分と同じ空虚感を感じてしまう――。

個人的にはストーリー構成が良いとか悪いとかではなく、せつない心理描写一つ一つで深く考えさせられた映画だった。美しい映像と演出がそれだけ素晴らしかった。

★ケンタとジュンとカヨちゃんの国

孤児院育ちのケンタは、幼女誘拐未遂で逮捕された兄の借金を返すべく、嫌味な先輩のもとで幼馴染の弟分・ジュンとともに肉体労働に勤しんでいた。ある日、ジュンに誘いをかけたケンタは、会社の事務室と先輩のクルマを鈍器で破壊すると、ナンパした女の子・カヨを引きずり込んで自動車で旅立つ。ゼロ年代を生きる若者たちのやり場のない怒りや衝動を描いた青春ロードムービー。松田翔太、高良健吾、安藤サクラほか出演。

人生を選ぶ事が出来ず、過酷な境遇の中でじっと耐える事しか
生きる術を持たなかった若者達が、あるはずのない向こう側を目指して
旅をする物語です。

★耳をかく女

消極的な性格と、原因不明の難聴に悩まされている光田絵菜は、なかなか就職先が決まらずにいたが、旧友に誘われ耳かき店で仕事を始めることに。絵菜が面接を受けたある会社に勤務する川村由伸は、彼女の美しい耳の形に惹かれ、耳にフェティシズムを感じる性癖に気づく。“癒し”のスポットである耳かき店で、女は奇妙な安堵感を、そして男は欲望を満たしていく。R-15指定作品。

エロ要素が満載な作品なのかと思いきや、中身は現代社会を舞台にした青春群像劇でした。

★腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

両親の訃報を受け、東京から山間の田舎に戻った姉・香澄。
家には母の連れ子だった兄・穴道、その嫁・待子、そして内向的な妹・清深がいた。
女優を目指し、家族の反対を押し切って上京したものの、
その超ゴーマンな性格が災いし、女優活動も頭打ち。
そんな姉の帰省により、沈殿していた姉妹の関係は一気に爆発炎上、
周囲の人々もその渦の中へと巻き込まれていく。

ストーリーにリアル感はありませんが、
一つ屋根の下の人間模様が面白可笑しく描かれています。

各人の個性的なキャラがとても魅力がありこれに尽きます。
やり過ぎ感あるシュールなユーモアもいい味付けになってますし、
自分の役割を心得た演者が素晴らしいです。

★ネムリユスリカ

バレリーナを目指していた15歳の少女、琴野は、レッスンの帰りにレイプされて身ごもり、夏芽を産んだ。17年後、成長した夏芽は、言葉が話せなくなった母・琴野と、体が不自由な祖父と、河川敷で車上生活をしていた家族は、探偵を雇って琴野をレイプした男を捜し出すという一途の執念に生きていた。そして、ついにレイプ犯が見つかる。

ただただひたすらに悲しい映画。でも最後まで悲しいだけではなく、希望の道筋が見えます。
深く心をえぐられるようで吐き気さえしましたし、目を背けたくなるような場面もありましたが、
今の世の中、これに似た生活してる人もたくさんいるんだろうと思います。
いろいろと考えさせられる一言では言い表せない映画です。

★鍵泥棒のメソッド

堺雅人、香川照之、広末涼子らの共演で奇想天外なストーリーが展開する痛快コメディ。売れない貧乏役者と記憶を失った殺し屋。対照的なふたりの人生が、ある日ひょんなことから入れ替わってしまい…。監督は『アフタースクール』の内田けんじ。

中心人物がボケ役ばかりのコメディ要素も面白く、
いろんな材料が綺麗につながっていく脚本も見事。
気楽に観れるデキのいい邦画を求めてる人は必見。

★スープ~生まれ変わりの物語~

うだつのあがらない中年男性の渋谷健一は、何をやるにも生気が感じられない。妻とは2年前に離婚し、それがきっかけで娘の美加とはギクシャクする日々を送っていた。
美加が15歳の誕生日を迎えた翌日、出張中の渋谷と、上司の綾瀬由美の頭上に突如、落雷が直撃。目を覚ました二人が立っていたのは死後の世界だった…。
この世界には伝説のスープというものがあり、そのスープを飲めば来世に別人として生まれ変わることが出来るというが、その代わり、前世の記憶はなくなってしまうのだという。
死んだ今でも娘のことが気がかりな渋谷は、前世の記憶が失われるというスープを飲むことをかたくなに拒否するのだが…。

1 2