1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

life-walkerさん

2013年7月30日発売の「実話ナックルズ」で、矢口真里さんの元カレが亡くなっているとの記事が!

<内容>

・(ミニモニ卒業後の)矢口真里、トランスパーティーの常連だった
・クラブ内で矢口と親しいDJ(女)のカレ(日本人ラッパーX)を矢口が寝取る
・日本人ラッパーX:ヒップホップから脱却した新世代ラッパーとして脚光を浴びる
・日本人ラッパーX:2004年12月 トランスパーティ会場内で死亡

<日本人ラッパーX死亡時の目撃証言>

・(矢口)は死亡当日も会場にいた
・矢口とカレ(ラッパーX)がケンカでもしていた様子でその後(矢口)一人で出ていった
・ラッパーXが不良みたいな連中に囲まれていた
・ラッパーXが囲まれていた連中から渡された錠剤を無理矢理飲まされていた
・ラッパーX はその後死亡、死因は薬物中毒。しかし 警察では事件として扱われなかった
・ラッパーX の葬式には 矢口真里 は参列しなかった

ラッパーXはその後新世代ラッパーとして注目を浴びますが、2004年の12月にトランスパーティの会場内で死亡。

死因は薬物中毒で、実話ナックルズによると複数のガラの悪い連中に囲まれ、無理やり錠剤を飲まされていたのだとか。

日本人ラッパーXとは?

一部でラッパーXとは「TOKONA-X」との噂が?

Tokona-X

別名:T-X

出生:1978年10月20日

死没:2004年11月22日(満26歳没)

ジャンル:ヒップホップ

神奈川県横浜市で生まれ育つが、家庭の事情で愛知県常滑市に転居。その後ヒップホップと出会い、ラッパーとしての活動を開始する。

2004年11月22日に26歳という若さで急逝。公式発表では、夏からかかっていた熱中症に伴う体力低下による心停止とされている。

ただし、TOKONAのこの早すぎる死には様々な憶測が絡んでおり、その1つ目は熱中症で死に至るには年齢的には若く、かねてより噂されていたコカインのオーバードースが原因であるという説。2つ目は2004年1月14日に発売された「知らざあ言って聞かせやSHOW」において、DISの標的となったDJ MOTOの側近(もしくはファンか仲間)が怒り、TOKONAを殺害したという説。しかし、これらはあくまでも噂であり、真偽は不明である。

本当にTOKONA-Xだろうか?ガセという噂が多数!

・TOKONA-Xがトランスパーティーのイベントに行くだろうか?
・ヒップホップから脱却していない。
・TOKONA-Xと矢口の接点はあるだろうか?
・TOKONA-Xが亡くなったのは2004年11月。

けど、TOKONA-Xがトランスのイベントなんか行くかなー?

@yuto_com_tm はじめまして。なんかtokona-xじゃないかってネットで噂されてましたね。まったく接点を想像出来ませんが・・・

@takimachan Xのつくラッパーって言ったら後にも先にもTOKONA-Xでしょうよ! でも、矢口真里、神奈川出身だしたぶん違うねw

参照リンク

1