ホメオスタシスなんて聞いたこと無い方も多いと思います!
私達の体にはホメオスタシス(恒常性)と呼ばれる働きがあり、その働きのおかげで、体内の環境が一定に保たれているのです。
例えば、寒い時に身体をブルブル震わせて体温を下げない様にしたり、熱いものを食べた時に汗をかいたりしますよね?これがホメオスタシスの働きの一つです!
体の一部や外部の環境が変化しても、体内の環境を一定に保って生命を維持してくれるんですね!

ダイエットをして体重の減少が起こると、体は変化を感じ取って体重が減りにくくなるように働きます。これは、摂取カロリー不足を体が「危機的な状況」と判断するためです。
このホメオスタシスの働きは、1ヶ月で体重の5%以上減った場合に活発に反応するようになります!
このような、体を守ろうとする働きがダイエットの効果を一時的に止めているんですね!
食事の量を減らしたことによって体が危機的な状況と判断され、省エネモードになっている!ということです!
ですから、省エネモードの状態で体を慣らしていけばしばらくすると徐々に体重は落ち始めるわけですね!

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ダイエット成功への大きな壁!『停滞期』を乗り切ろう!

ヘルスケアアプリ「BeCalendar」のコラム39です。今回は、ダイエッターにとって大きな試練となる『停滞期』について探っていきます!

このまとめを見る