1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

綾瀬はるかの衣装に注目が集まるこれからの「八重の桜」

大河ドラマ「八重の桜」。来週からいよいよ明治編に入ります。

更新日: 2013年10月16日

70 お気に入り 99053 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

NHK大河ドラマ「八重の桜」は毎週日曜20時から20時44分までNHK総合にて放送(京都編は8月11日より放送開始)

来週日曜日から舞台は京都へ

会津戦争に敗れ、傷ついたヒロイン・山本八重(綾瀬)が、京都で新島襄と出会い、武器を「銃」から「知識」に変えて再び立ち上がり、明治の世をたくましく生きる日々を描く。

注目は綾瀬はるかの「鵺(ぬえ)スタイル」

当時では奇抜なため、いろんな動物の顔や胴体、手足が組み合わさった妖怪「鵺(ぬえ)」と呼ばれていたそうで、収録中に意味を知った綾瀬は「うまいこと言うなぁと思いました」と話していた。

後半の見どころとしてこの“鵺スタイル”や明治時代らしいドレス、ブラウスなど、さまざまなファッションが披露される

「京都に来てからは、着物がどんどん派手な印象になり、着物に羽織にブーツに帽子のようなファッションが増えていくので、和様折衷な雰囲気がおもしろくて気に入っています」と楽しげだった。

撮影は現在、東京・渋谷の同局にある、新島旧邸を再現したセットで行われている。“本物”を見物したオダギリは「2人がここで生活したんだなと思うと、凄く感慨深い」と気持ちを新たにしていた。

「襄さんと八重さんの夫婦像がひとつの見どころです。平等で対等、男女関係なく歩いていく、力強いユニーク夫婦の姿を楽しんで見ていただけたらと思います」。

綾瀬はるかのコメント

注目の若手俳優も登場

第18回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの最終選考会においてグランプリを受賞し芸能界入り。2007年映画「恋空」で初出演デビュー。その後も映画に舞台に活動の場を広げている注目の若手俳優。

中村が演じるのは、オダギリふんする襄が開校した同志社英学校に転入し、やがてジャーナリストとして活躍することになる徳富蘇峰

大河ドラマは初挑戦。7月から収録に入っており、「たくさんの方々に見られ続けている作品に出られてうれしい。まさか自分が大河に出られるとは」と喜びを感じている。

昨年6月公開の映画「シグナル~月曜日のルカ~」で女優デビュー。同9月にはドラマ初主演も果たし、女性ファッション誌「non-no」の専属モデルにも選ばれる。

主人公・新島八重の兄で西島秀俊さん演じる山本覚馬(かくま)と、長谷川京子さん演じる妻・うらの次女・山本みね役で大河ドラマに初挑戦

「でも、(みねは)やっぱりどこか寂しさを感じている部分もある。そういうリアルなみねの気持ちも視聴者の皆さんに伝えられるように頑張りたいです」と意気込んでいる

いろいろ意味で注目の「八重の桜」

八重の桜では那須塩原市の牧場で主人公・新島八重が幼少時代を過ごした会津の風景が撮影された。

ロケ地の経済効果がアップしたという報道も

【自動】福島県会津地方に住んでおりますが、大震災からは立ち直りつつあります。八重の桜ブームで観光客もふえています。でも、同年の奥会津の只見周辺での大水害でJR只見線一部区間が復旧していないことを考えると、まだ手放しで喜んでいいのかわからないです。

NHK大河ドラマ「八重の桜」の題字で注目される映画タイトルデザイナー赤松陽構造さんが8月3~18日、しいのき迎賓館(金沢市)で個展を開く。入場無料。

7月28日までの計30回の平均視聴率が15・1%。20%台の“大台”を目指し、綾瀬のファッションが後押しできるか注目される。

昨夜の「八重の桜」。暗く悲しい物語だった。今後の展開に期待。

「八重の桜」みね役の子役がいいね。今までも台詞なくてもいるだけで場が明るくなる。今日の見せ場はよかった、泣いた。

今回の八重の桜、女の弱さと強さをみた。ハセキョの演技が光った回だった。元夫のいる京に行く愛娘に夫からもらった櫛をたくす。。宝物だからって。。切なくも身震いがするような、、愛。おんな、を、みた。

1 2