ビルマの竪琴 (新潮文庫)

ビルマの竪琴

戦争で命をおとした同士たちのため、水島は一人、ビルマに残った。戦死者たちをとむらうことに人生を捧げた彼の思いは、そのまま、戦争の悲惨を問う著者の思いでもあった。この一冊にこめられた平和への祈りは、いまなお現代人の心を動かすだろう。

この情報が含まれているまとめはこちら

読書感想文にもおすすめ!「戦争ってなに?」を考えさせられる16冊の小説

大人から子どもまで、いまだから読んでおきたい戦争を扱った日本のフィクション小説を集めてみました。

このまとめを見る